忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120] [119]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

またイカレ宗教の所為で、悲しい事件がありましたね。
信仰・・・、これは結構大切なものだと思うんです。何かの宗教を勧めるとか、神様って素晴らしいとか、そんな類の話ではございませんのでご安心を・・・。

信仰とか宗教というのは、人間がより良く生きていくための道具だと思うんです。ん~、道具というか、教科書というか、マニュアル的なものというか、まぁそんな感じですね。人間がより良く生きる・・・、これは周りと上手く調和して共生する事だと思っています。

宗教なんてものは、崇める対象が違うだけで基本的には皆同じような事を言ってるものなんです。仏教であれ、キリスト教であれ、イスラム教であれ、神教であれ、木っ端みたいな宗教であれ、どれも似たようなものなんです。

今、自分の置かれている環境に感謝して、周囲の者に感謝して、共に手と手を取り合う事を忘れずに暮らしなさい。大雑把に言えば、だいたい共通してこんな内容です。普通に良い事だと思います。そして、人間そうあるべきだと思います。

なぜ宗教と呼ばれる代物は、神様的な目に見えない大きな第3者を必要とするのでしょう。それは、神様の言葉を代弁するという形をとる事で、大勢の人達に解かりやすく話をできるからなんです。それが自然と現在のような形になってしまっただけの事であります。

神様という存在を創りあげる事で、色々な事を簡単に教える事が可能になります。例えば、ピーマンが大嫌いな子供がいたとします。「栄養学的にピーマンというのは人間に必要な栄養分を多量に含んでいるんだから、効率的に栄養を補給しようとするならば、他の物で補うよりも少量のピーマンを摂取するほうが、割に合うんだよ!」と言うよりも「ピーマンを食べないと神様に怒られるよ。バチが当たるよ!」と言った方がずっと楽なんです。

猿が立ち上がった程度の頃の人間には、学問など無かった訳です。今のように思考能力も発達していないし、屁理屈を中心に生きていた訳ではないんです。その中で頭のいい奴が、皆が仲良く助け合って暮らしていく為に、それを人々にうまく説明する為に考えたのが『神様』なのであります。

なぜ人は人を殺しちゃいけないんでしょうか。なぜ人は人の物を盗んではいけないんでしょうか。上手に理論立てて説明するのは難しいですね。しかし、どちらも人としてやっちゃいけない事には間違いありません。

人殺しもアリ、盗みもアリ、世の中何でもアリだったらどうなるでしょう。油断すれば何をされるか解かったもんじゃありません。誰も信用できないし、ゆっくり眠る事もできません。そして、人類と言う種で考えても、何一つ発展創造する事がありません。

そんな思いをして、ビクビクしながら暮らすのはお互いに嫌であります。私も人は殺さないし、盗みもしない。だから、静かに眠れて、豊かに食えるように協力し合ってやっていこう。そういう思想が芽生えたからこそ、今の人間社会が在るんです。

しかし、腕っ節の強い連中には納得がいきません。何でもアリの状況でも、全然困らない訳ですから。そこで、人間なんぞがいくら束になっても敵わない無敵の存在が必要になるんです。それが、『神様』なんです。

見知らぬ土地に行って、地図も無く道を行くのは怖いものです。それと同じで、知らないものや知らない世界に人間は恐怖感を持っているのです。死後の世界なんてのは、その代表みたいなものであります。

人を殺した人間は、死後『地獄』に行くんです。どんな恐ろしい世界なんだか具体的には解かりませんが、それはそれは恐ろしい所だと…。逆に人を助け、物を分け与えた人間は、死後『天国』に行くんです。花に囲まれ飲み・食い放題、病も悩みも無い、楽しさと幸せだけの世界です。

誰がそんな事を言ったんだ?誰が教えてくれたんだ?となった時に、「隣の村の村長だよ。」って事じゃ説得力がありません。「あんな俺より弱い奴の言う事なんて信じられない。」という人間も出てくる筈です。じゃあ誰が『天国』だの『地獄』だのと言い出したのか・・・。

唯一全ての世界を支配している『神様』が言ったんです。
『神様』を創りあげる事で色んな説明が可能になります。特に、天災や自然現象です。大洪水、大地震、大火災、台風、火山、落雷、全部『神様』の怒りです。作った町が滅びれば、ここに町を作った事を神様が怒ったんだと言えばそれまでです。

『神様』は無敵じゃなければなりません。ちょっと怒れば全てが埋まってしまうような砂嵐を起こします。山も沈むほどの大洪水を起こします。どんな病気も治します。神の子は何度殺したって生き返るんです。もう、言ったもん勝ちです・・・。

人間は知らない物が怖いんです。見えないもんは、知りようがありません。見えないんだから攻撃しようがありません。そりゃあ、無敵ですよ。その無敵の『神様』が言った事を守らなければ、どんな罰を受けるか解かったもんじゃありません・・・。

『神様』がこう言ってるんだから、殺し合うのをやめましょう。盗みをやめましょう。助け合いましょう。じゃなきゃ、『神様』に怒られちゃうよ。秩序ある社会を作るために、自然発生的にできた考え方、これこそが『宗教』なんです。解かりやすく、多くの人々に説明するために・・・。

順番こそ違えど、世界各国で同じようなやり方を考え出した人達がおります。残念ながら『神様』は、誰にでも語ってはくれる訳ではありません。『神様』の教えを聞いた人達は、キリスト、ムハンマド、ブッダ、なんかが有名ですね。まぁ、他にもいっぱいいます。

彼らは実在もしない『神様』を語った嘘つきなのでしょうか。まぁ、ぶっちゃければ嘘つきなんでしょうが、私は『良い嘘』だと思っています。嘘と言うよりも、人が助け合い共存する方向へ進むための、一つの手法だったんだと思うのです。人をコントロールして支配者になろうとしていた訳では無いような気がします。

キリスト教・イスラム教・仏教の三大宗教と呼ばれるものは、どれも内容に共通点が多いんです。同じ神の僕同士、助け合って生きていく事。無益な殺生は良くないという事。人間にはどうする事もできない事があるという事。良い行いをした者は、次の世界で報われるとい事。本当に、似たような事であります。

どの宗教も、平和と共存を訴えているんです。よそ様の宗教をやっつけろ、なんて経典はどこにも無いんです。イスラムもコーランに明言はしていません。じゃあ宗教同士で戦争になっているのは、ありゃ何なんだという話になります。平和もヘッタクレもございません。

宗教が生まれたのは、遠い遠い昔の事であります。今のように長距離の移動を簡単になどできません。その頃は、海の向こうに人が住んでいる事すら互いに知らなかったんです。海の向こうでも同じように、『神様』を創りあげる事によって平和な社会を作ろうとした奴がいるなんて、想像しなかっただけの事です。

いつか異民族と接触する事を想定していたのなら、もうちょっと違う『神様』を創っていたと思うのです。例えば、同等の力を持った『神様』が他にも20人位いるんだ・・・、もし他の神の子達に会ったら仲良くするように・・・って感じでね。最初からそういう風に設定しておけば、異教の者と出会った時にも「あー、お前らの神は20人位いる中の1人だな。ウチの神様から噂は聞いてたよ。よろしくね。」なんて話で終るんです。

それぞれの宗教が、唯一絶対の神を作ってしまった事が失敗の原因なんです。だから、「お前んトコの神は偽物だ。」「偽物のクセに神を語るなんて太ぇ野郎だ。」「嘘つきをやっつけろ!」なんて事になってしまうんです。まぁ、地球にこんなに人がいるなんて知らなかったんだから、仕方が無い事なんですが・・・。

そう考えると、神教ってのは偶然にも上手くできてますね。どんな物の中にも神様がいる、米粒一つの中にでも・・・、って素敵な考え方ですよ。さすが日本人ってトコです。


長々と語ってしまいましたが、要するに『神様』なんて居ないんです。力一杯、言い切れます。しかし、宗教は悪い物ではないんです。矛盾しているようですが宗教の教えには、より良く生きる為の知恵や、心の負担を軽くする為の知恵が、たくさん詰まっております。まぁ、神の存在云々は別としての話ですが・・・。

戦後の宗教という物を考えてみて下さい。創価学会、霊派の光、真光教、生長の家、オウム、幸福の科学、統一教会、法の華・・・etc、あぁ~キリが無いっ。今回の紀元会もそうです。全部インチキ宗教です。宗教と呼ぶのすら考えもんです・・・。詐欺集団です。

これらの如何わしい団体には、必ず『教祖』がいるんです。『教祖』がパワーを持っていて、それを崇めるなんてぇのは宗教でも何でもありません。キリストは一財産稼いで城に住みましたか?ブッダなんて教えを広めるためにドサ廻りをしていて、ナマズ料理にアタって死んだんですよ。

金を集めろ!なんて言った創始者はいないんですよ。
三大宗教も後から受け継いだ者達が、銭を集めるようになったんです。そこから何かに気付いた者達が『宗教』を語り、銭儲けをしているんです。ただの営利集団なんです。騙されちゃあイカンのですよ・・・。

だいたいにして『教祖』ってぇのは、どんな奴ですか。手前ぇの事を神だと思ってる人間ですよ。いますか?普通・・・。私の小学校や中学校には「僕、実は神なんですよ。」なんて馬鹿は1人もおりませんでした。生まれた時から神じゃ無いのなら、いつどこで神になるんでしょう。大人になってから、ふと気付くんでしょうか。馬鹿言っちゃいけない・・・。

自分の事を『神』だなんて言う奴はキチガイなんです。献金やら、何かを買えなんて言われるのは、宗教じゃなくて詐欺なんです。何ちゃらパワーで奇跡を起こすなんてのは、ただの子供騙しなんです。宗教の教えは、自宅で本を読めばちゃんと理解できるんです。集会なんぞに参加する必要はないんです。

絶対に引っ掛からないで下さい。


宗教の教えというのは、先人達の知恵なのです。
助け合い、より良く生きる為の知恵なのですよ・・・。

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
神様
どんな神様でも糞もすれば、小便もしたし
肉も食い酒を飲みました。
しかも女を抱いて…。
偽善ですよね、しかし狂信者には現実が見えない
解ろうとしない。
教祖の息子だから神様を継ぐ(笑)
糞、味噌一緒の馬鹿ですよ。
石山愛子さんアメーバにblog持ってました(笑)
早速伺いました、同じ道産子同士行って見て下さい。北海道弁で口説かない様に(笑)
ターボ 2007/10/21(Sun)08:56:44 編集
Re:神様
こんばんは、ターボさん。

石山愛子、知りませんでした…。有名なの?一応ペタ付けときますわ。
【2007/10/22 02:34】
キリスト教
中、高とキリスト教の学校に行ってました(どこの学校かわかりますかね(^_^;))6年間「宗教」という授業もあればミサもあったし先生はシスターでした…

でもサッパリ覚えてないなぁ~

シスターも理不尽な事で怒ればキリストもびっくりな嫌味言ったり色々でしたね。ただ私利私欲を捨てて修道女として生きるのは凄いとは思いますね_(._.)_

個人的には信じる者は救われる的な感じかなって思ってます。教えを信じ、それによって幸せな出来事があれば「信仰のおかげだ」とさらに満たされるみたいな(☆o☆)
ミータン 2007/10/21(Sun)10:11:02 編集
Re:キリスト教
こんばんは、ミータンさん。

あらま、結構お嬢様なんじゃ…?
宗教と言えど、道具と同じです。良く使えば良い物に、悪く使えば悪い物に。神のために命を捨てるなんていうのは、一番悪い使い方ですね。
【2007/10/22 02:40】
無題
一時期しつこく勧誘された事があります。
長い説明を聞いていると、どうやらその宗教では仏壇を睨まなくてはならないらしいのです(´Д`)
先祖あっての自分なのに、んな事できるかバカ!と怒って帰りましたけど。
こんな宗教ばかりでは無いと思いますが、どうも宗教自体が胡散臭い感じがしてならない私です(* ̄O ̄)
みー 2007/10/21(Sun)10:13:21 編集
Re:無題
こんばんは、みーさん。

人に入信を勧める連中は全部胡散臭いです。胡散臭いというか、もうアウトです。
仏壇睨むってのは、初耳です。(笑)
【2007/10/22 02:46】
一陽来復
こんにちわ
自分は神様は、初詣と旅行の時に神社・お寺に近くに来たので素通り出来ないので手を合わせる程度です。
一番の信仰と言うには、大げさですが
穴八幡宮です。
もともと祖母が一族のために
ボブ 2007/10/21(Sun)15:07:10 編集
続一陽来復
途中で、間違いでEnterを押してしまったので続きです。

もともと祖母が一族のために御守りを受け取りに行ってたので・・・
祖母は20年程前に他界し、今は自分が代わりに受け取りに行ってます。
祖母が長年続けていたので止めることができません。

本編とはズレますが・・・
ボブ 2007/10/21(Sun)16:30:35 編集
Re:続一陽来復
こんばんは、ボブさん。

日常の信仰って、とても大切なもんだと思ってます。私も正月には必ず神社にお参りに行きます。毎月、墓参りに行って線香も焚きます。この時点で、既にMIXですよ(笑)。しかし、神様にも仏様にも、どちらかを選べと強要された事ぁありません。そんな事でピーピー言う神様なら、随分と器が小さいってもんです。

神社に行って、自分の周りに感謝するというのは、日本人の良き習慣であります。
【2007/10/22 03:00】
無題
こんにちは( ´ー`)

神様にお願いするってゆうのは、自分の願いを自分で聞いて、その願いを自分でよく確認するためなんだなって気がしてます。
神社の鏡は自分の願いを自分にはね返す為の物かもしれないと最近思います。
結局願いを叶えるのは人ですしね。
そうゆう点では、人間一人一人が神様みたいな感じかなって…
神社やお寺が、あんなに居心地の良い空気なのは、きっと綺麗な願い事する人が沢山来るからなんだってよく思います。
( ´ー`)
神社やお寺に行くといつもそんな事思いながらお茶飲みしてます(笑)
( ´ー`)
願いと言えば…(笑)
自分は小さい頃から、悪さをすれば直ぐにケガしたり体壊したりしちゃってて、そのたびに神様の罰が当たったんだと思ってました。
けど、最近は爺ちゃんの呪いなんだと思ってます。

自分の名前は今更ですが「正幸」って言います
m(u_u)m
「正しい幸せ」と、亡くなった爺ちゃんが付けてくれました。
爺ちゃんの願いがバッチリ込められたと文字通り痛い程解る、有り難い名前です…
人の願いや気持ちは凄いパワーですね( ´ー`)
なんだか、この自分の名前のおかげで今でも死んだ爺ちゃんがゲンコツ暖めて、見守ってくれてる気がします(笑)

マサ 2007/10/22(Mon)16:40:05 編集
Re:無題
こんばんは、マサさん。

今こうして自分があるのは先人達のお陰なんだ…、と感謝する気持ちってとても大切だと思います。それを全部神様のお陰だなんて言われても…、ねぇ。宗教観ってのが大事なのかもしれません。

マサさんの祖父様が見守ってくれているとは思いますが、ゲンコツは緩んでいないと思います(笑)。気をつけて!
【2007/10/24 02:52】
広告?
広告の話来ましたか?

今日投稿したら、広告入れさせて下さいと、出ました。

何の事だかちと解かりかねます。

金が掛かるのかな?

こちらが払うなら、即撤退しますがね。

マァ暫らく様子見ましょうね。
ターボ URL 2007/10/23(Tue)20:50:57 編集
カウント
6000超えたよヒエー。
作って一月と一寸だよ。
最近は毎日200超えてるよ。
種が無くなって来たんですけど。
書かない訳にはいかないしナァ。
漫画家が、飛ぶ理由少し解った様な
気がします。
頑張ります!
ターボ URL 2007/10/30(Tue)00:22:53 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP