忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123] [122] [121] [120]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タレント、ボクサー、食い物屋、木っ端役人、毎日誰かが謝罪会見をやっていますね。
流行ってるんでしょうか、謝罪会見…。
見ていると謝り方にも、上手と下手があるようです。

謝るという行為も一つの危機管理能力であります。人間社会で生きていく為には、必要不可欠なものだと思います。友人同士、恋人同士、夫婦、親子、職場内、取引先…etc、いたる所で謝る場面が訪れます。ガキの頃から一度も人に謝った事が無い人間なんざ存在しません。いたとしたら大したもんであります。

謝り方を間違えば、どんどん道を外れて修復が不可能になります。謝り方が上手であれば、以前にも増して良い信頼関係を築くことが出来たりするものです。謝り方は、とても大切であります。

一連の謝罪会見ブームの中で一番『謝り方』が上手だったのは、沢尻エリカだったと思います。可愛いし…。本人の会見など開かずにホームページで徹底的に謝る…、これは大正解です。本当は反省なんてしていなくても、文章にして平謝りしちゃえば良いんです。記者に煽られて、さらに墓穴を掘るような失敗は起きませんからね。

一応、形だけでも平謝りしておけば、その後もしつこく騒いでいる奴らが逆に悪者に見えてくるものです。パパッと謝って表に出て来ないのが正解なんです。その証拠に、もう世間は忘れかけております。どんだけクソ生意気でも、あんなに可愛ければ何でも許すってもんです…。

チンピラ親子は、謝り方が下手でしたね。あれなら会見なんてやらなきゃ良かったのに…。大体にして世間様に頭を下げる必要があったのかどうかも微妙だと思ってます。内藤と宮田ジムとボクシング協会に、大至急謝りに行きゃそれで良かったんです。国民に向けて頭を下げる必要は無いでしょう。興行はショービジネス、嫌な人は見なけりゃ良いんです。

後からピンで長男坊が出てきましたが、あれはまぁまぁです。口数は少なく、言い訳はなるべく控えて、とにかく全部ひっくるめて私が悪ぅございました、と言うのが上手な謝り方です。その際、人の分まで被って謝るとより効果的です。親父と弟の分も自分が代表して…、効果的な良い方法です。日本人は、この手にとても弱いんです。今回も多くの人が騙された事でしょう。

比内地鶏の爺さんも結構上手でした。死に切れなくて戻ってきました、全部私が指示した事です…。幕引きとしては上出来です、謝罪会見をした食い物屋の中で、一番最初に忘れられるのはこの爺さんでしょう。ある意味で謝罪は成功です…。

赤福と吉兆は大失敗です…。早々に謝罪したまでは良かったのですが、色々と言い訳をしてしまいました。ここまではやったけど、それ以上はやっていない…、こういった中途半端な言い訳が一番悪いんです。雄弁に謝ろうなんてぇのは不可能なんです。口数の多い謝罪ほど、人を不愉快にさせるものはありません。

吉兆は特に最悪です。賞味期限の偽装を、販売スタッフの所為にしてしまいましたからね。これから大変な目に遭いますよ…。嘘でも良いから社長が「全て私の不徳の致すところです。申し訳ありませんでした。」と、何を訊かれても延々とコレを繰り返すのが正解なんです。それでもしつこく質問攻めに遭うのなら、途中で泣きゃあ良いんです。


私の言い方だと、その場を上手く誤魔化すのが上手な謝り方と感じる事でしょう。私は、ある意味でそれが正解だと思っています。相手の不快感を煽る位なら、嘘でも平謝りに謝るのが先決だと思うのです。相手の怒りのボルテージを下げてしまわない事には、何か償いをするにしても次のステップに進めませんから…。

身近な事でも同じだと思うのです。例えば男女間、さんざん言い訳を繰り返して怒りのピークにある彼女に対して、「焼肉でも食べに行こう。」と機嫌を取っても焼け石に水になるかもしれません。「とにかく俺が悪かった。m(_ _)m」と徹底的に謝って、少しボルテージが下がったところで、「お詫びに何か食べに行こうよ。」「じゃあ松坂牛で勘弁してあげる♪」なんて事になるかもしれません。

怒りのボルテージを下げるのが、第一感であります。誠意を持って償いをするのは、その後の事でございます。まぁ、ここ一連の食い物屋連中は償いなんぞしないと思いますが…。それもアリかな…、と思っています。この先、買う買わないは其々の自由ですから。

私は、これからも『白い恋人』も『赤福』も買い続けると思います。例え、業務内容が改善されなくても…。今まででも普通に美味かったし、腹も壊しませんでした。だから、別に頭を下げてもらう必要もありませんし、気にもしていません。早く営業できる事を祈っております。


仕事絡みや、組織内での失敗をした時、私はこんな風に謝ります。
「全部自分の不手際です。すみません。」
「何を言われても仕方ありません。申し訳ないです。」
「言い訳はしません。言い訳をしたらキリがありませんから。全部自分一人の責任です。本当に申し訳ありません。」
「謝るしかできませんから、好きにして下さい。本当にすみませんでした。」

かなりズルい言い方が混ざっています(笑)。解かりますか?
言い訳をしたらキリがない…、自分一人の責任…、こういう言い方をすると、色んな要素や人が絡んでいるんだけれど敢えて他人の分まで被っているような印象を受けるんです。アレがどうした、コレがどうした、だから自分も失敗してしまったんだ…、なんて言い訳をするよりも、相手にきっと色々あったんだなぁと考えさせる方が得策なんです。

謝るしかできませんから好きにして下さい…、これはかなりズルいです。好きにして下さい…と言いつつも、謝る以外は何もしませんよって事です。謝るけどペナルティは払いませんって意味ですね(笑)。好きにしてくれ…まで言われたら、普通はそれ以上詰められませんよ。実質、居直りみたいなもんです。

自分に非がある場合、スパッと謝ってしまった方が後々良い方向に物事を運び安くなると思っています。謝る時は、口数少なく言い訳をしない事、これが基本であります。少しでも自分の立場を良くしよう、なんて余計な小細工をすると話がこじれてしまいます。人を介して謝ろう、なんて策を使うとドロドロになります。


サクッと、スパッと、これが謝罪の基本です。

 

平謝りでも許してもらえない時は、開き直っちゃいましょう。
(-。-)y-゜゜゜

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
謝罪会見、一番腹が立つのは記者、マスコミ。
いくら謝罪しても、いちいち突っ込む。
事を何倍にも大きくして、時には自殺に追い込む。

ほんと、会見なんて開くもんじゃないですよね(´Д`)
みー 2007/10/31(Wed)08:24:08 編集
Re:無題
こんにちは、みーさん。

最近の記者共は、とんでもない勘違いをしていますね。奴らにグダグダ言われる筋合いは無いんですよ。自分が世間の代表者だとでも思っているんでしょう。
恥ずかしい連中です。
【2007/10/31 16:08】
無題
振り返ってみると、僕も謝る時に言い訳していました。これからは気を付けようと思います。
今回のはすごく為になりました!ありがとうございました!
正和 2007/10/31(Wed)08:46:55 編集
Re:無題
こんにちは、正和さん。

失敗ばかりしているのに全く憎まれない人がいます。そういう人は謝り方が上手なんです。良い人間関係を作るには、上手な謝り方を覚えなくてはいけませんね♪
【2007/10/31 16:12】
お久しぶりです
こんばんは神谷さん いつぞやの力士でございます(笑)

私も職業柄と言いますか 親方に毎日謝るばかりでございます
私は失敗は少なくしてるつもりなのですが 私以外の者が 失敗をしますと 部屋の力士を代表して 師匠に 怒鳴られる事が多いです(笑)

兄弟子のケツをふかされる事も少なくないし

少し愚痴っぽくなってしまってすいません(笑)

今回の神谷さんのブログを見て 自分が師匠に がなられる理由がわかりました

まぁこの世界は師匠と弟子の関係ですから 言い訳的なものは一切口に出来ませんし 白い物でも師匠が黒と言えば黒くなってしまうような世界ですから
まず謝る時には

”すいませんでした“
これしか言いません(笑) てゆうかこれ以外の発言が許されません(笑)

しかし これが出来る人間て 少ないのでしょうか

簡単な事だと思うんですけどねぇ
うちの部屋では 私以外にはいないみたいです(笑)

情けないやら 潔いのやら、、、(笑)
たき 2007/10/31(Wed)22:51:37 編集
Re:お久しぶりです
こんにちは、たきさん。

お久しぶりです。m(__)m
私ら、謝り方をひとつ間違えば指とか無くなっちゃいますからね(汗)。謝り方の大切さを良~く解かってます…。ちなみに私は全部揃ってます。(笑)

部屋は完璧な男社会ですもんね。怖いですね(笑)。私は謝る時はスパッと謝りますが、シカトして居直る事も多いんです。謝る必要が無いと判断した時は、意地でも謝りません。たま~に謝るからこそ、アイツが謝ってるんだから本当に反省してるんだ…と値打ちが付くんでしょうね。ズルいやり方です(笑)。
【2007/11/01 14:17】
無題
毎回ブログの内容をよませてもらっています。
人生経験の少ない私にはとても頼もしい存在です(照
今回の題名「謝罪」とてもためになります。攻めて、守って、謝って、人生本当に難しい。

嫌なことは、できるだけさけて生きたいものです(苦笑
ちゅ 2007/11/02(Fri)20:21:31 編集
Re:無題
はじめまして、ちゅさん。

本当、人生は難しいですね。だからこそ、やり甲斐があるというものです。嫌な事も避けられるのなら良いのですが、中々そうも行きません。避け切れない時に、いかに被害を最小限に留めるか、そしていかに次に繋げていくかが大切です。
できれば謝りたくないんですけどね…。(笑)
【2007/11/03 03:24】
無題
こんばんは(^_^)ゝ

謝り方…自分の課題ですね…
前に客商売した時に痛感しました(-o-;)
どうやら自分は、納得いかずに謝る時に気付かない内に悔しさのせいか、顔つきが悪くなってるようです…
その時の職場の先輩から、「謝ってんのに殺気を感じるんだよ」
って指摘されてました…
鏡の前で一回練習してみたけど、毎日見てる顔なもんでよく分からなかったです…(笑)
場数を踏めば上手になるんでしょうかね…

謝り方と言えば、亀田家の長男が海外でトレーニングだかなんかでまたテレビに出てましたね。

以外とスパッと切り替えてるみたいでビックリしました(笑)
あのキャラでいつまでもうつむいてテレビ出て来ても気持ち悪いので、正直、少し安心しました。

これからどういう風にテレビに出て来るのか楽しみですね(^-^)

謝ったらその後も重要ですね
(`・ω・´)
マサ 2007/11/04(Sun)00:51:51 編集
Re:無題
こんばんは、マサさん。

私は、謝る時は強烈な無表情になるように努力しています。練習、練習…。

亀田はもう良いですわ…。興味ゼロです。切り替えるも何も、元々何にも反省なんてしてませんよ。世間が彼らに反省を求めるのも、お門違いです。会見も含めて興行ですからね。世間が騒げば騒ぐほど、興行としては大成功です。今回初めて亀田ファミリーの試合を見ましたが、この先2度と見る事は無いと思います。あんなにガードを固めた奴の試合が面白い訳がない…。
それに比べて、新極真の世界大会は中々良かったです!何故、深夜放送だったのか…。
【2007/11/04 03:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP