忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[46] [45] [44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私自身もそうでありますが、必ず他と比較して物事を考えてしまいます。人よりも強く、人よりも自由に、人よりも良い生活がしたい、人よりも良い成績を取りたい、この人よりもの『人』が今ひとつよく判らないのであります。世間一般には『大勢の人よりも』とか『平均よりも』という意味合いが強いのではないかと思います。

人間が、比較対象でしか物事を考えられないのは仕方が無い事としても、『人よりも』という曖昧な基準は正直いかがなものかな、と思うのであります。この曖昧な基準が、不自然で歪んだ『競争』を生んでいる様な気がするのです。

『人よりも』という発想を軸にして起こる『競争』は実に歪んでいるのです。『お受験』なんかが良い例でしょう。我が子に将来【人よりも良い暮らしをさせるため】【人よりも良い職業に就かせるため】ってな理由で、最近では幼稚園から入試をさせるのであります。

我が子可愛さで『お受験』を選択する親御さんが増えているのでしょう。将来なるべく競争をせずに済むように、と考えて幼稚園から競わせるのであります。うまく表現できませんが、漠然とした違和感を感じます。

そもそも【人よりも良い暮らし】とは、どんな暮らしの事なのでしょう。何不自由無い暮らしと言うのならまだ解るのですが、ここで人様と比べるのが理解できません。なんとなくニュアンスは、私にも理解できるのです。ただ、なんとなくニュアンスが伝わる程度の曖昧な理由で、競争する事を強いられたり煽られたりする子供は、たまったもんじゃありません。

【人よりも良い職業】これも実に曖昧でございます。楽をしてザックリと儲かる仕事の事でしょうか。それとも、世の不況に関係なく安定した公務員の事でしょうか。どちらにしても、幼稚園時代から目指せと教える職業でもないでしょう。「大きくなったら、何になりたい?」と言う可愛いらしい質問に、「投資家」だの「霞ヶ関の役人」なんて答えられた日にはザワッと寒気がしてしまいます。ウルトラマンや仮面ライダーになりたい、と答えて貰った方が安心できるというものです。

子供に夢すら与えてやる事ができない親が、偉そうに何を教えてやれるのでしょう。子供を愛しているのであれば尚の事、夢に溢れた育て方をした方が良いでしょう。世間一般に大きく差をつけ、勝ち組だのセレブだのと呼ばれ、下品に金品を見せびらかす『成金』を目指す事は、断じて夢とは言いません。それはただの欲に歪んだ『野望』と言うものです。

自分の仕事に誇りを持つ事ができ、贅沢はできないが食っていける。これこそが『良い職業』でございます。その先、儲かるか儲からないか・・・そこは『競争』でございます。愛に満ち溢れた家庭を築き、なおかつ誇れる仕事で大成功する、それが『夢』でございます。

『競争』自体はとても大切な事であります。友達やライバル達と競い合い、互いを磨いていく為に、という意味で・・・。時に競い合い、時に助け合うからこそ、互いに尊敬が生まれ、真の友情が生まれるのではないでしょうか。ちょこっと小金を持って、下品な成金を目指すような競争なんぞ、阿呆らしくてやってられません。

金は確かに大切でございます。金に追われれば仲間を助ける事すらできません。ですが金を目標にした競争は虚しいものであります。そんな馬鹿げた競争を何年もやってきた私が言うのだから、間違いはございません。稼いだ金も湯水のように使ってしまいましたが、なんの満足感もありません。

金になる高級料理屋、もちろんザクザク儲かります。たいして儲かってはいない下町の小料理屋、誰もが唸る本物の美味い料理を出す店です。高い金を払っても案外美味くなかったりするものです。それよりも、万人にあの人の料理は本物だ、と言われる後者のような料理人を尊敬いたします。本物と呼ばれる為に、そして自分を磨く為の『競争』は実に美しいものであります。


『人よりも』なんて曖昧な感覚ではなく、きちんと到着点を見据えた上で己を磨く『競争』をしたい・・・と日々考えております。

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
しょうらいのゆめ
私はキリンになりたかったらしいですよ。
首が長くて黄色いアイツです。


よく考えると下らない競争をやってしまうんですよね。

競争は、本来生き抜くために必要不可欠ですが、もはや日本では野性的に競争せずとも生きられますからね。


楽をするということは、引換えに失うものもありますし、他人を蹴落としても自分は成長しませんし。

結局は、常に自分との競争ですね。難しいですが…。
雪原 URL 2006/10/28(Sat)08:27:54 編集
Re:しょうらいのゆめ
こんにちは、雪原さん。

キリンですか(笑)。何年か前の真夏に一人で動物園に行き、一時間位キリンを眺めていた事があります。深い意味は全く無く、ただ単に好きなのです。

自分を磨くための競争には、互いに認め合える良きライバルが必要です。そんな相手を探す事もまた大切な事であります。
【2006/10/29 12:57】
男の生き方
神谷さんおはようございます。
昨日の記事に対してのコメント文を作りながら携帯持ったまま寝てしまいました(笑)新しく更新されていたのでこちらにコメントさせて頂きます。神谷さんの世界が暴力団と呼ばれる事に傷ついてるって文を読んで…確かにそういう呼び方はあるし警察の4課も◯暴などと呼ばれていますよね。ただ私は5910というのは生き方なんじゃないかと思うのです。私がこう考えるようになったのは4年前に知り合ったある男性がきっかけです。彼の生き方、物の考え方、自分より立場が下の者も年配の方もそれぞれ大切にする所等、他にもたくさん…私は尊敬して見習わないといけない事ばかりで彼と知り合ってから人間的に自分もかなり成長出来たと思うのです。この男性は神谷さんと同業のいわゆる5910、893ですが私は今まで知り合った中で一番尊敬出来る男性なのです。学生時代の教師よりもアルバイト時代の店長よりも、誰よりも自分に良い吸収が出来、尊敬出来る人物なのです。確かに彼も短気ではありますが人間として間違ってる事でキレてるとこは見た事がありません。男性は多少短気でも筋が通った事でキレるならそれで良いと思うのです、私は…。
私は全く普通の女なので彼と知り合うまで5910の方との接点は全くありませんでしたが今は彼と知り合えて本当に良かったと思うのです。彼はよく堅気の男を言い表す時「まともな男」という言い方をします。ただ何をもってまともなのか…。普通に働いてれば人間ができているというのは絶対ないと思うのですが。もちろん5910の中には腐ったようなのもいるのも事実だし強きを挫き弱きを助ける浪速節だけではやっていけないのも分かるのですが…すみません、自分で何言ってるか分からなくなってきました(おい)。女だてらに神谷さんの世界を熱く語ってすみません
ε=ε= 。。(ノT-T)ノ
私は実際の神谷さんを知りませんが神谷さんの身近にいる人物はきっと私のように良い影響を受けている方が多いと思いますよ。私も含めこのブログを愛読してる沢山の神谷さんのファンはもちろん良い影響受けてると思うし…。すみません、それが言いたかったんです。
長々とすみません。本当はコメント欄に書くべきではない事だと思いますが携帯からはここにしか書けないんですよね(@_@;)今まではあまり使ってなかったけどネットを引こうかと考える今日この頃です。そして私も神谷さんや皆さんの影響で11月のいっぴからブログを始め、自分の考えや日常を記録しておこうと思っています。
こんな気持ちにさせてくれた神谷さんにまたまた感謝です☆それではまたの更新楽しみにしています(*^-')ノ
2006/10/28(Sat)09:07:27 編集
Re:男の生き方
こんにちは、優さん。

気合のこもったコメントありがとうございます。

私も『生き方』なんだとガキの頃から自分に言い聞かせてまいりました。ただ最近ふと考えてしまうのです。別に組織に属さなくても良いのではないか・・・と。別にふらふらと流されてここに至った訳ではございませんが、自分でもよく判らなくなっているのです。もうしばらくの間熟考して、いつか自分なりの答を出そうと思っております。
優さんの深いご理解には感謝しております。

優さんもブログを始めるのですね。私のブログがそのきっかけの一因になっているのであれば、それほど嬉しい事はございません。是非、私もお邪魔したいと思っております。

これからも、よろしくお願いいたします。
【2006/10/29 13:16】
無題
私の周りの人は私の考えは一切聞かずに自分の考えだけを押し付ける自己中ばかりな為、このブログを見ていると自分の考え方は決して間違った考え方ではなく一つの考え方だと安心します(神谷さんと考え方似てます。

夢についてですが夢の無い人生ってほんとつまらないと思います 逆に夢がある人は生き生きとしてるように見えるような気がします
自分も最近まで夢が全く無くて「人ってなんで生きてるんだ」とか思っていましたが音楽(バンド)という夢が出来たので直ぐにメンバーを集め地道に活動してます 一般的に考えてバンドで成功する可能性は僅かしかありませんが 当たって砕けろって感じでやってます
「やってやれない事は無い、やらずに出来る訳が無い。」
と自分の人生を変えたバンドも言ってましたし やらなかったら後悔するだけですからね
ぬる 2006/10/28(Sat)14:33:07 編集
Re:無題
こんにちは、ぬるさん。

初コメント、ありがとうございます。

夢という物に挑戦する事自体が、とても有意義な事だと思っております。私は金の為のしょうもない競争を続けてまいりました。そんなこんなで、明確な夢という物を持ってはおりません。ちゃんとした夢を持ち、尚且つそれに挑戦している ぬるさんを羨ましく思ってしまいます。私も、これから焦らずに探してみようと思っております。

つたないブログではございますが、これからもよろしくお願いいたします。
【2006/10/29 13:30】
そうですね・・・
今の中学生とかは、とんでもない事を
言ったりしますよね(笑)
「夢がないとダメだ」みたいな事を漠然と皆さんは言いますが夢を持てない様な世の中になったのは、いかがなモノか?と最近、思います。
おかしな競争心に煽られ本当に気が付かなくてはいけない事を忘れてしまってる様な気がします・・・
2006/10/28(Sat)23:17:31 編集
Re:そうですね・・・
こんにちは、華さん。

『夢』は生きていく上での原動力にもなり得る、大きな力でございます。『夢』をないがしろにして生きて来た事への自戒もこめて記事にいたしました。
恥ずかしい話でございます・・・。
【2006/10/29 13:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP