忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鮭釣りに行く度に感じる事のお話です。
私は毎年この時期になると同じ話をしております。
頑張って故郷に帰ってきた鮭を10匹も獲った・・・という事は忘れていただいた上でお読み下さいm(__)m
忘れていただかないと、この後の話が全て台無しになってしまいます・・・(汗)。

『鮭』 もはや日本中の方が当然知っている事とは存じますが、彼らは大海を何年も旅して、最後に生まれた川に帰ってその命を全うします。その最後の旅は、次の世代に命を繋ぐために死力を尽くした決死の旅でございます。よくTVで放送される事があると思いますが、その最後は壮絶なものであります。

鮭は大海にいる時は銀色に輝いておりますが、故郷の川に近づいてくると、段々と銀色が剥がれ落ち黒ずんでまいります。オスはシラコ(精子)に、メスはイクラ(卵)に激しく栄養を使うためらしいです。本当かどうかは知りません・・・。そして川を登っていく間に段々白くなるのです。水の中で白く腐っている魚の死骸を見た事があるでしょうか、あんな感じになるのです。上流を目指して泳いでいる最中にも、体はどんどん死んでいくのです。

もし人間に、出産するときは真冬の雪山でしなさい、というルールが有ったとしたらどうでしょう。身重の妻とその夫が、厳寒の雪山を身一つで登っていくわけです。衣服はボロボロになり、しだいに凍傷で皮膚や指が腐り落ち・・・それでも次の命を繋ぐために登り続けるのです。
決して投げ出す事無く・・・、そんな事が可能でしょうか。

そんな凄い事を、鮭達はやっているのです。

「思考の無い動物が本能でやっているだけだろう!」
その意見はよく判ります。鮭が何を考えているのか、それとも何も考えていないのか、私には全く判りません。
ですが、本能と言えど凄いもんは凄いのであります。

一般的に、鮭はどこまでも上流に行って卵を産む、というイメージが強いようであります。実際は人それぞれ鮭それぞれでありまして、河口で産む者もいれば、気合でどこまでも上流に行き産む者もおります。川全体にバラバラに産む事で、生存確率を上げようという作戦のようでございます。
本当に鮭は何も考えていないのでしょうか・・・。


時に自然は大切な何かを教えてくれているような気がいたします。具体的に何かを示してくれる訳ではありませんが、生きる姿勢であったり、命の厳しさであったり、とても大切な何かを・・・。
そんな事を考えるのはきっと人間だけなのでしょうね。

10匹獲った事は忘れてください・・・(>_<")

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
こんばんは
感受性を持つ動物は人間だけですからね…何かを感じ、考え、行動する…それを怠っては10匹の鮭に申し訳無いですよね(冗談です!すみません…)

ブログが完成致しました。私は携帯でしかネットをやらないので、携帯用のブログなのですが(汗)本当はメールでお知らせした方が良いのではないかとも思ったのですが、メールフォームが携帯では見当たらなかったので、こちらから失礼致しましたm(__)m
美羅 URL 2006/10/25(Wed)03:57:21 編集
Re:こんばんは
こんばんは、美羅さん。

ええ、命を繋ぐために頑張って帰ってきた鮭を10匹も・・・。申し訳ないm(__)m

それは置いておいて。(/_・)/
ブログ開設、おめでとうございます!
早速、お邪魔してまいりました。感激しております。会った事もない人同士が繋がりを持ち、そして広がって行く、なんとも心地良く嬉しい事でしょう。

最近毎日のように、ブログを始めて良かったなぁ・・・と思うのです。色々な方から共感いただいたり、応援していただいたり、嬉しい事ばかりであります。
インターネットという物は数々の問題も抱えておりますが、使い方によってはこんなに『喜び』を手に入れる事のできるツールなのですね。色々な方々の『考え』に触れる度、自分も成長していこうと思っております。

美羅さんのブログ、心から応援しております。
【2006/10/25 05:48】
凄いですよね!
神谷さんおはようございます☆
昔テレビで見た鮭の産卵の様子を克明に思い出しました。上流に近付くにつれ体の皮がめくれ部分的に肉が露出し必死に上流にたどり着いてもあと少しという所で熊に食べられてしまったり…。そして最後までたどり着いたほんの少しのつがいが必死の形相で産卵しその直後に精も根も尽き果てて死んで行く。普段あまり目にしない光景ですが何だか自分が小さく思えたというか…凄いと思うと同時に鮭が神々しく見えました。
私事になりますが私が神谷さんと同じく尊敬している人物が北国の旅行から戻って来て昨日お土産を受け取りました。余市蒸留所のブランデーチョコとバターサンドとマリモをモチーフにした可愛いストラップです。こっち(名古屋)より相当寒かったとの事でした、当たり前ですが…。これから厳しい季節になると思いますので体調には気をつけて下さいね☆
またの更新楽しみにしています(^∀^)/
2006/10/25(Wed)08:12:41 編集
Re:凄いですよね!
おはようございます、優さん。

『まりもっこり』ですね、それは・・・(汗)。
まさかあんなキャラが全国区になるとは、夢にも思いませんでした。

優さんも名古屋なのですね。空港が移転してから行ってませんので、もう何年になるのやら。小牧の中心部に友達が数人いるのですが、今の空港は使い勝手が悪くて・・・(怒)。
不思議と昔から、名古屋の方とは縁があるようです。
【2006/10/25 14:06】
成る程…ですね
忘れるので、一匹送って下さい(笑)
は、さておき…

確かに自然ってすごいですよね。植物や人間以外の動物は、何千年、何万年と、日々同じ事を繰り返しながら生きています
。何に流される事なく、本能のままに…
知能を得た人間…それと同時に、大切なものをなくしてきてるのではないかと、自然の偉大さを目の当たりにする度によく思います。
人間は自然に生かされてるのに、その自然を破壊するような事ばかり…
その結果、今の異常気象や生態系の崩れに繋がり、人間に跳ね返ってきてる訳で…
以前に某TV番組で、20年後の地球は…みたいなのをしてたのですが、はっきり言って恐ろしかったですね(>_<)
一緒に見てた、甥っ子や姪っ子が不安げにしてたのを思い出します。

話しが大きくなりすぎて
、収拾つかなくなりすみませんf^_^;

鮭、着払いで構わないのでよろしくお願いします (^o^)b(笑)
ゆら 2006/10/26(Thu)00:34:53 編集
Re:成る程…ですね
こんばんは、ゆらさん。(;^_^A

鮭に限らず、自然界の出来事には驚かされる事が多いですよね。どんな動物でも、さぼって飯を食わずに死んでいく事などございません。弱い者も、強い者も、常に皆全力で生きております。彼らの生き様は実に美しい。かくありたいものでございます。

あの鮭は大切な思い出の品なので、差し上げる事はできません(笑)。私も残念ですm(__)m

【2006/10/26 05:56】
自然・・・
そうですね・・・自然には敵いませんものね・・・こんな内容の記事を見ると改めて、そう感じます。鮭にとっては当たり前なのでしょうが人に置き換えると恐ろしく厳しい事ですよねぇ・・・なかなか当たり前の事を当たり前に出来ない世の中になりましたが、もっと人も頑張らないとダメですね・・・
余談ですが皆様が何故、管理人様の御名前を御存知なのか?と気になっていましたが、やっとプロフを発見する事が出来ました(遅・・・)
「仁」と言う字は私にとって凄く意味があり、とても大好きな字です
(すいません、だから何だ?って話ですね・汗)
2006/10/26(Thu)01:18:59 編集
Re:自然・・・
こんばんは、華さん。

当たり前の事が通らない、当たり前の事を言うと反感を買う、そんな事が往々にしてございます。曲げてしまえば負けのような気がして、気付いた時にはこんな半生になってしまいました(汗)。
難しいものでございます・・・。

そうですか、プロフに気付きませんでしたか・・・(笑)。一応ハンドルネームなので、残念ながら本名ではございません。面倒な事になるので流石に本名は晒せないのです。m(__)m

『仁』好きな人の名前なのでしょうか。
少しだけ気になります・・・(笑)。
【2006/10/26 06:12】
こんばんわ
私の地元には自然と呼べるものがありません。悲しい事です、どんなに科学や技術が進歩しても空や海や森は作れないんです、解っていても人は自然を壊します、もっと多くの人が考えなければならない問題です、自然が人に与える影響は計り知れないものがあると思います!自然は心を大きくする、アスファルトが増えれば、街が複雑になりそこに住む人達も複雑な心になります。うまく言えないですけど…
2006/10/26(Thu)23:20:58 編集
Re:こんばんわ
こんばんは、達さん。

近くに自然が無いのは、少し寂しい事ですね。私の街は大都会ですが、車を1時間も走らせればビックリするような大自然でございます。心なしか日本の中でも、大らかな人間が多いように思います。

自然が無くなるのは非常に悲しい事ではありますが、人間の歴史の大きな流れであるような気がいたします。
残念に思います・・・

こんな世界はそうそう在るもんじゃない・・・と思える私は幸せなのでしょうね。
【2006/10/27 01:55】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP