忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[44] [43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今まで敢えて避けてきた、パソコンとインターネットについてのお話しです。思いのほか広く普及し、携帯電話をも巻き込んでさらに広がりを見せる今、私の考え方も大きく変わってまいりました。
長くなってしまいますので、今回は問題点、次回は利点をお話したいと思います。

私は5年程前まで、パソコン自体をとても毛嫌いしておりました。理由はいくつか有ったのですが、その中で最も大きなものは「パソコンだけでは物が産まれない。」という事であります。IT産業などとよく判らない名称で呼ばれ、パソコン使いが妙にもてはやされていました。

ソフトが随分と進化し、建築図面などは資格の無い者でも比較的簡単に作成できるようになりました。面倒な強度の計算なども勝手にやってくれるのです。確かに、机の上での仕事は便利になりました。しかし、肝心の大工さんがいなければ建物は絶対に建たないのです。
机の上で物が生産される訳ではないのです。

当時、世の風潮がパソコンを後押ししておりました。パソコンを使えれば食いっぱぐれが無い、これからはパソコンの時代だ、なんて意見が横行していたのです。猫も杓子もパソコン、パソコン・・・。
俗に言う「ITバブル」の時期であります。

私は一番大切にすべきは、現場で働く人間だと思っております。
建築現場という意味ではございません。職人、料理人、農業、林業、漁業、鉄鋼業・・・etc、直接物を産み出す事に関わる全ての人達、この人達をなによりも尊ぶべきであります。
この考え方自体は、今でも全く変わっておりません。

パソコンが便利な物であるという事は、重々判っておりました。安易に手を汚さない方向に流されていく、そしてそれが正義と言わんばかりの世の風潮がひどく気に入りませんでした。多少筋違いになりますが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、パソコン自体を毛嫌いしていた訳でございます。

そんな私がなぜパソコンを覚えたかというと、それは至って不純な動機からであります。パソコンとネットを絶対視している連中を相手に、逆に商売をしてやろうと考えたのです。未成熟なネットの世界には、実際無造作に金が落ちていました。随分と拾って歩いたものです。その詳細は残念ながら言えません。最近は色々と規制ができて今までのような事はありませんが、そもそも私共が刺さる隙間があったというのが、ネットの抱える大きな問題点の一つであります。

その他にも、この強い匿名性、これがまた実に厄介な問題であります。ただ単に匿名性が問題を引き起こしているだけならば、いっその事オープンにしてしまえば簡単に解決なのです。しかし匿名性が保たれているからこそ、数多くの情報が流れ、そこに有意義な物も含まれてくるのであります。
本物も偽物もありとあらゆる物を、お構いなしに垂れ流した混沌とした場所、それがネットの世界だと思っております。

ネットで得られた情報が、虚偽であるか、真実であるか、判断するのは常にユーザーの気持ち一つでございます。ここら辺にも危険な香りがプンプンといたします。身近に相談できる友人などがいれば良いのですが、ネットの世界に極度に依存してしまうと、とんでもない方向に流されてしまう場合がございます。

一人で死ぬのは怖いので皆で一緒に自殺しよう、違法だけど絶対に捕まらないバイトがあります、少しの投資で必ず大金を得られます・・・冷静な判断力を持っている人間であればロクなもんじゃない事はすぐに判ります。
落ち込んでいたり、孤独感に悩まされていたり、貧困に喘いでいたり、と弱っている方々は不思議と『負のエネルギー』に強く惹きつけられてしまうのが世の常であります。


パソコンもネットも道具であります。
包丁と同様、使い方一つで素晴らしい料理もできるし、人殺しの道具にもなり得ます。
どう使うかは、使い手の気持ち一つでございます。

まだまだ数多くの問題点はございますが、決して悪い部分だけではございません。『負』が有れば必ず『正』がございます。

次回は『良い部分』をお話したいと思います。

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
虚構と現実の狭間
パソコンは本当に便利ですよね、でも嘘や危険な事も多いので利用するからには『責任』と『覚悟』が必要な気がしますね。
しかしネット社会が発達したからこそ神谷さんのブログを拝見できるんですよね 笑
まさに『正』と『負』ですね!
恵介 URL 2006/10/26(Thu)16:50:08 編集
Re:虚構と現実の狭間
こんばんは、恵介さん。

先程、恵介さんのブログにお邪魔してまいりました。こうして恵介さんと繋がりを持てたのもネットのお陰です。ネットが無ければ一生接点が無かったかも知れませんからね。

不思議なものですね。
【2006/10/27 01:19】
暗の世界…
神谷さん こんばんは。

今回はネットの世界ですか…色々と取り沙汰されていますよね。詐欺事件、出会い系、etc…
でもうまくいけば一獲千金も夢じゃないし、未知数的な物がネット上にはゴロゴロ転がっている。誰にでもチャンスはあるし、ハマると面白いものなのでしょうね。ただ、顔も知らない相手と商売するのは、それなりのリスクもあるだろうし…何よりも信頼関係が持てるのかどうか…そこが私が抱く一つの疑念です。


私は長年、理容師として働いています。最初は給料も安いし、時間も長い、休みも友達と合わないし講習ばかり…何度辞めようかと思ったか分かりません。私達の時代は特に、職人気質な人間ばかりでしたから、教えて貰う事なんて皆無…目で見て覚えろってな感じで、 先輩達の仕事を必死で見て、夜中まで練習したものでした。でも今、つくづく続けてきてよかったと思うのです。
この仕事は新規開店の時は別ですが、紹介以外の一元さんは殆どいません。気に入って貰えたら家族ぐるみのお付き合いに繋がり、そのお客様の友達、知り合い…知らず知らずの内に人の輪が出来て、長年のお付き合いに
繋がる。それは信頼関係からなされるものではないかと思うし、この仕事の醍醐味であります。
小さな赤ちゃんがいつの間にか小学生になってたり、大学を卒業して就職して結婚報告をしに来てくれたり、遠方に就職してても盆正月には必ず顔見せに来てくれたり…自分の家族のように嬉しく思え、つくづくこの仕事でよかったなと感じるのです。
仕事を通して、人と人とのコミュニケーションが大切な事を学びました。
だからといって、ネット上のお付き合いが全て信頼関係を結べないとは思っていません。
だって、ネットがなければ神谷さんとも知り合う事もなかったのですから
(^-^) でも、そう思える人に出会えるのはほんの一握りでしょうけど。


様は、どこまで自分の心をさらけ出してお付き合い出来るか…
まだまだ、ネットでは難しい問題ですよね(>_<)
ゆら 2006/10/26(Thu)21:51:43 編集
Re:暗の世界…
こんばんは、ゆらさん。

理容師さんなのですね。身重で立ち仕事は大変ですよね、尚の事お身体に気をつけてくださいね。

自分の仕事に誇りを持てるというのは、素晴らしい事です。私もそういう人達を心から尊敬しております。自分の生き方を恥じた事はございませんが、私共は何も産み出しておりませんので・・・。

私も、ゆらさんとの繋がりを本当に嬉しく思っております。ネットのお陰ですね。
【2006/10/27 01:33】
気持ち一つ
まったくもって、その通りだと思います。
包丁の例えが、妙に心にドシンときました。

何とかとハサミは使いよう・・・ということでしょうか。
雪原 URL 2006/10/26(Thu)23:11:01 編集
Re:気持ち一つ
こんばんは、雪原さん。

馬鹿にも、可愛い馬鹿と本物の馬鹿がございます(笑)。人の気持をわかろうともしない本物の馬鹿は、全く使い道がありませんが、真っすぐな心を持った馬鹿は大好きであります。

人間様の話はさて置き、道具は使い方一つでございます。上手く使わなければいけませんね。
【2006/10/27 01:39】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP