忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125] [124] [123]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

拘置所での事を書きます。
ここでの私は、未決被収容者という立場であります。
要するに裁判の結果待ちの人間という事です。

先ずは、1日の流れをお教えします。

AM7:30に起床、10分後に朝点検。
結構、遅い朝です。これは、同じ敷地内にある刑務所と関係があるのです。刑務所の起床は6:30、拘置所よりも1時間早いんです。拘置所には『掃夫』という、舎房の雑務係がおります。この人達、実はお隣の囚人なのです。労働として拘置所の『掃夫』を担当している事になります。拘置所では、ほとんどの雑務が掃夫の手によって行われます。だから、彼らが朝飯を終えて出勤してくる時間が、拘置所の起床時間になるのです。起きたら先ず布団をたたみ、常備してあるホウキと雑巾で室内を掃除します。

朝点検とは、それぞれの房の外(廊下)から、中の人員、並びに起床を確認する作業であります。私は独居ですので、外から刑務官が「○○号室1名!」と声をかけます。自分に与えられた番号(称呼番号という)で「○○番!」と答えるのです。これを全室繰り返して、朝の点検は終了です。

各舎房で一斉に点検が行われるのですが、それなりに多くの被収容者がいますので、拘置所全体での点検に10分ほどかかります。朝点検が終るとすぐに朝食の時間となります。食事の事は、違う回で詳しく説明したいと思います。

朝飯が終わり一段落すると、あとは自由時間みたいなものであります。平日の午前中には、運動か入浴のどちらかが必ずあります。どちらかですので、両方が行われる事はありません。土日は免業日と呼ばれ、房から出る事はありません。

運動は30分間、屋上にある独居者用の運動場で行います。約2m×10m位に細かく区切られたスペースがあり、その入口には当然頑丈な鉄格子。屋根は無いのですが、代わりに上にも鉄格子が張り巡らされております。気持ちの良い快晴の空も、鉄格子越しに見上げなければなりません。無粋ですねぇ…(汗)。

この運動は、各々房の単位で行われます。私は独居ですので、この時間も独りであります。30分間、独りで狭いスペースをフラフラと歩き回ったり、柔軟体操をしてみたりと…。まぁ、ヒマを持て余す訳ですが、3畳の独房にいるよりは気分が良いといった感じであります。

入浴は季節によって回数が違うようです。夏場は週3回、冬場は週2回、入浴時間は15分であります。独居は一人ずつ、雑居は2人ずつで行われます。風呂場の入口で称呼番号を言うと、自分の番号が書いてあるT字カミソリを貸してくれます。使い回しをすると肝炎などの病気がうつる可能性があるので、各個人に割り当てられています。

運動後や入浴後には速やかに房に戻り、読書をするなり、書き物をするなり…。房の中では基本的には自由なのですが、横になる事だけは許されておりません。留置場と違い、拘置所は刑務所の管轄であります。拘置所にいるという事は、すでにペナルティとしてカウントされているので、あまりダラダラと生活する事はゆるされていないのです。とは言いましても、それ程厳しいわけでもございません・・・。

AM11:40に、少し早いですが昼食。
その後、12時から13時まではラジオが流れ、『午睡(ごすい)』と呼ばれる昼寝の時間となります。この時間は横になっても構いません。なんと、照明も暗くなります(笑)。

PM1:00からは、また自由時間であります。起きていなければなりませんので、必然的に読書か書き物となります。雑居房(5人部屋)であれば、将棋や囲碁をする事も出来ます。大声を出さなければ、雑談も出来ます。独居は退屈との闘いなんです・・・。

昼食後の1時間と夕方16時以降は、ラジオ放送が各房に流れます。選局はできません。しかし、人気調査に基づいて番組を決めているらしく、それなりに良い番組ばかりでした。夕方は地元の人気AM、夜はFMが多かったようです。房内では、時間がわかりませんので、ラジオはかなり重要であります。

PM4:20には、もう夕食です。
たいして腹も減っていないのに、決った時間には食事孔から飯を入れられる・・・。狭い房で毎日、毎日・・・。なんか、飼われている気分になります。これがブタ小屋と呼ばれる所以であります。

PM5:00、夕点検。
朝との違いは、各房のドアを開ける事。ドアをガチャっと開けて「○○号室1名!」、これを受けて「○○番!」。施錠を確認して点検終了。ここからは、本当の自由時間であります。布団を敷いて寝てもOK、ゴロ寝で読書も許されるのです。もちろん、そのまま就寝しても構いません。

PM9:00、消灯。
ラジオ放送も終わり、消灯となります。消灯と言っても照明が薄暗くなる程度で、夜通し本を読む事も可能な位の明るさです。本を読んでいるのを見つかると怒られますが・・・。何回も見つかると懲罰の対象になります・・・(汗)。

看守が夜通し見回りをするので、房内を監視できる程度の明るさが保たれる訳です。暗くなければ眠れない人には最悪ですね(笑)。

土日の免業日には、運動も入浴も面会も無し・・・。房から出る事はありません。ラジオが朝9時から消灯まで流れています。


これが、拘置所での1日であります。

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
静岡の拘置場は
静岡刑務所の敷地内にあります。で、起床は7:30でした。俺は拘置場にいる間ずっと、独居房に“療養中”の札を貼られていました。つまり、座禅していなくてもいいよ、って事ですね。それだけは楽させてもらいました。で、隣の房の住人は、夜中中壁を蹴飛ばしていたので、五月蝿くて眠れませんでしたがな^^;

楽しみと言ったら、昼寝と飯の時間、読書の時間、風呂の時間、運動の時間位のモンでした。

留置場ではタバコを吸えたので、それだけでも助かりました。愛煙家には拘置場暮らしはキツイですね。
テディ 2007/11/19(Mon)21:59:40 編集
Re:静岡の拘置場は
こんにちは、テディさん。

横臥許可あると楽ですよね、良いなぁ(笑)。夜中はウルサくてどうもならんですね。ずっと廊下に向かってゲップしてる奴とか、一人で喋ってる奴とか、泣いてる奴までいましたよ…。監獄病ですね…(汗)。ムショだと静かになるのが不思議です(笑)。

タバコは私もツラかったです。一日中、仁丹ばっかり食ってました…(汗)。
【2007/11/20 14:20】
夜中にどこからともなく聞こえてくる
うめき声?すすり泣き?には背筋がゾっとしましたよ^^;それは、、拘置所の独居の壁を隔てた刑務所行きが、分かっていたから?

PS:俺も毎週、梅仁丹を頼んでいましたよんw

俺は無実の罪(冤罪)を着せられて三ヶ月間も拘束されてしまったワケですが、無実の罪を認め、「私がやりました」とウソを付けば弁当持ちで出られる事が判っていたので、法廷では「私がやりました」とウソの証言をして娑婆に出してもらいました。

この国の司法制度は、権力(健二・謙殺)には逆らえない、間違いだらけのロクでもない制度です。
テディ 2007/11/21(Wed)22:50:18 編集
Re:夜中にどこからともなく聞こえてくる
こんばんは、テディさん。

冤罪とは、お気の毒な…。
最近、特に多いような気がしますね。認めてしまう気持ち、痛いほど解かります…。出られるならもう良いや…、って気になりますよね。国選弁護士なんて、何の足しにもなりませんしね。

私の今回の事も、もし一般人なら不起訴相当です。頼まれて決算書類を作ってやったのですが、勝手に主犯にされ、何の関係も無い事件にまでさも関わっているような主張をされて…。検事・検察は体質が腐っています。正直を言えば、いつかキッチリと借りを返そうと思っています。
【2007/11/22 02:49】
謙殺審査会で謙字の不正を審査中ですが
俺にとってはこれが、最後の頼みの綱となります。
審査員によって謙字の不正を暴ける事を心の底より祈っている、そんな毎日です…。

マスコミに報道してもらうべきか否か、思案中。ヘタしたら、墓穴を掘る事にも成りかねないので、熟慮してからでないとね。
テディ 2007/11/22(Thu)12:10:52 編集
Re:謙殺審査会で謙字の不正を審査中ですが
こんばんは、テディさん。

どうせまた揉み消しにかかるんでしょうね(怒)。能無し共のワンパターンですが、権力は強大です。どんなやり方をすれば、公正なラインに立てるんでしょう。難問です…。
マスコミも信用できませんからねぇ…。奴らは、数字が取れると判断しなければ、乗ってきませんから…。
【2007/11/23 23:01】
謙殺審査会の結果報告書が届きました。
暴行・傷害を受けた確たる証拠が無い、と言う事で、健二の主張が通ってしまいました。傷害を受けた当日の診断書が全て揃っているというのに、、あまりにも理不尽です…。しかも、相手の裁判費用を全て俺に負担しろと言ってきました。こんな判定、とても納得できるものではありません。

俺に残された手段は、その場に居合わせた小学5年生の女の子の証言のみです。ただし、小学生の証言を得るにはご両親の許可が必要になってくる、との事です(弁護士曰く)。

現在、最高裁まで戦うか、諦めるか、の二択を迫られています。

被害者である俺が、一銭の損害賠償も得られないだけでなく、相手の裁判費用まで負担しなければならないなんて、どうしても納得ができません!

正直言って、小学生までも事件の巻き添えにはしたくない、と言うのが俺の本心です。

本当に納得のいかない判定でした。
テディ 2007/11/24(Sat)19:20:03 編集
Re:謙殺審査会の結果報告書が届きました。
こんにちは、テディさん。

自分達の理不尽さに気付かずに、自分達は選ばれた特別な人間だとか思ってるんですよ、検事共は…。ウンザリです…。

冤罪と闘うには、やはり冤罪専門の弁護士を雇うのがセオリーだと思います。こういう人達に相談してみるのも手かもしれません。http://shinnjitu.blog80.fc2.com/
【2007/11/26 18:12】
弁護士の返答
刑事事件が不起訴になり、不服審査も不起訴相当では控訴しても9分9厘無理だと思います。
 なお、相手の弁護士費用は負担する必要はありませんので誤解のないように。
 ○○ちゃんの証言はとるなら録音テープにして下さい。但し、控訴しないならとっても意味はありません。
 私は、24年間弁護士やってますが、裁判所で真実が通らないことは山ほど見てきています。多くは証拠が弱いからです。裁判所の予断、偏見もあります。冗談で「必殺仕事人」にたのみたいね、と依頼者に話すこともあります。


・・・・と云う事でした。俺としては、小学生までも事件の巻き添えにはしたくないので、キッパリ諦めようと思います。今回の裁判で、裁判官・検事の偏見、権力には勝ち目がない事を嫌というくらい思い知らされました。公平な立場に立つことは、至難の業であります。

 最後に
 ご教授、有難う御座いました m(__)m 
テディ 2007/11/28(Wed)02:19:13 編集
Re:弁護士の返答
こんばんは、テディさん。

うーん、やはり難しいですか。理不尽ですねぇ…。傷害・痴漢・淫行などは冤罪事件が山ほどございます。彼らに良心の呵責は無いんでしょうか。冤罪被害者が声をあげ続ければ、いつか司法のイカれたシステムを正す事ができるんでしょうか。はなはだ疑問であります…。
イカれてますね…。
【2007/11/28 02:52】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP