忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

22日間の勾留期間が終わり、無事(?)に起訴となりました。
もしかしたら嫌がらせで、別件の再逮捕があるかな・・・と予想していたので、ひとまず安心いたしました。起訴と同時に、やっと接見禁止が外れました。

接見禁止とは、証拠の隠滅などを防止する為に外部との接触(面会や手紙)を一切禁止するという処置です。(弁護士とだけは面会できます。)接見禁止は、検事の独自の判断で簡単に決定できるのです。私の場合、証拠書類など全て押収されていますので、証拠の隠滅なんてある訳がございません。接見禁止だった意味が解かりません。あのクソ検事め・・・。

何はともあれ、面会はできるし、手紙も出せるようになりました。
面会は1日1回たったの10分だけ、手紙も1日1通しか出せません。1日1回は少ないですよねぇ・・・。しかしたったそれだけでも、外と連絡が取れるのは、何とも嬉しいものなのです。

雑居房に入っていれば、こんなに変な奴がいたとか、面白い出会いがあった・・・なんて土産話が出来たかもしれません。しかしながら、独居で引き篭もり状態・・・、同じ時期にどんな人間が入っていたのかもロクロク知りません。残念です・・・。

そのかわりと言っては何ですが、オヤジ共(看守)とは随分仲良くなりました。留置場は警察の管轄、当然この施設で働く人間は全て警察官であります。私は商売柄、基本的に警察は敵だと思っております(笑)。しかし、どこの署でもそうなのですが、留置係には親切で良い人間が多いのです。

彼らは捜査員じゃないので、こちらも変に警戒せず普通に付き合えるのでしょう。そして彼らも、所詮は自分でパクッってきた犯人ではないので、こちらを敵対視はしていないのでしょう。こんな所(留置場)で感じの悪い態度をとって、犯罪者達に恨みを買うのもアホらしいですからね。本当に親切なもんです。

私が居た留置も、例外ではありませんでした。皆、親切でフレンドリー、言い争いになど一度もなりませんでした。言い争いどころか、最後の方にはお互いの愚痴を「うん、うん・・・」と聞き合い、「お互い大変だけど頑張ろうな!」なんて励まし合うほどに仲良くなっておりました。ある意味、ムショ仲間的な共感の仕方ですよね(笑)。

留置係も様々で、下は21歳から、上は50代半ばまで、ここに配属になるまでの経歴もバラバラであります。交通一筋だった者、1課で殺人ばかり担当していた者、市内の2課、マル暴あがり、地方を転々としていた者・・・etc、何を基準に人事をしているのか全く理解ができません(汗)。当の本人たちが、一番強く疑問に思っている様です(笑)。

まだ20代前半で、実に面白い奴がおりました。トークが面白い訳ではなく、私生活のだらしなさ加減がウケるのです。車やら、バイクやら、薄型テレビやら、時計やら、何やらカンやらと全てローンで買いまくり、給料日当日に殆どが支払いで無くなってしまうそうです。若い公務員は薄給だというのに・・・、調子コキ過ぎです(笑)。

「普段何食ってんのよ?」と聞くと「焼きそば。」と答えます。
スーパーで良く目にする、3玉入りの粉ソースが付いたポピュラーな焼きそばだそうです。具無しで食ってるそうです(笑)。
「1日3食その焼きそばか?」と軽い気持ちで冷やかしてみると、1日に3回も飯を食う事は無く、1日何も食べない日もあるとの事・・・。

「俺の銭、宅下げ(※)してやるから、何か好きな物食って来い!」と思わず言ってしまいました。
「気持ちだけで良いです・・・。」と笑っておりました。娑婆に戻ったら、何か美味い物でもご馳走してやろうと思いました。だって、檻の中にいる者の方が、よっぽど良い物を食っているのですから・・・(汗)。

※宅下げ(たくさげ):勾留中の人間の物を、外部の人間に持っていって貰う手続きの事です。


約50日間、留置場におりました。
気が狂うほど外に出たいと思っているのに、そこで働く連中にはスッカリ情が移ってしまいました。何人かとは「娑婆で一杯やろう・・・」と約束いたしました。

この約束は、まだ果たされておりませんが、とても楽しみにしております(笑)。

PR
Comment
Name
Subject
Colr
mail
Url
Comment
Pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
長い間同じ環境にいるとお互いの立場関係なく仲良くなれるものなんですね。
10年程前、ペルーの日本大使館がテロリストに襲撃された時も人質とテロリストとの間に友情が芽生えた話を思い出してしまいました。

話は変わりますが、僕は神谷さんのブログ以外に見ているブログがあるのですが、先日そのブログを書いている方が亡くなったそうです。
凄く心に響くブログだったので(勿論神谷さんのブログもそうです)暇な時にでも覗いてみて下さい

なにもない
http://mblog.excite.co.jp/user/eizu777/
竹田 2007/09/19(Wed)16:00:00 編集
Re:無題
こんばんは、竹田さん。

ストックホルム・シンドロームという奴ですね。檻の中と外、さらには職業の違いを踏まえた上でも、結局は人間対人間という事ですよね。

教えていただいたブログ『なにもない』の事ですが、何かの不具合でデータが殆ど失われているようです。読める部分は全て読んだのですが、病状が悪化する直前の記事だけだと思います。本人様は亡くなられたようですね。全文読んでみたかったのですが、残念です。
【2007/09/19 23:23】
無題
良いですね!私もそんな人達とそういう話してみたいです
そこに居る人達の方が暖かいんですね
さすが神谷さんすごい優しいですね!是非その人におごってあげてくださいね^ー^*
なみ 2007/09/19(Wed)23:27:54 編集
Re:無題
こんばんは、ナミさん。

良くありませんよ(汗)。
悪い事をした人が入れられる所なんですから、あまり興味を持たないように(笑)。
【2007/09/20 01:09】
無題
うちのボスが入ってた時の事を
思い出します(汗)最後に、お菓子を
1人1人に持って行ったのですが
意外と皆様、受け取って下さって
ビックリしました
留置係の方は良い人♪と私も勝手に
思っています(笑)
URL 2007/09/20(Thu)23:46:30 編集
Re:無題
こんばんは、姐さん。

みんな留置係は良い人だと言います。不思議ですねぇ(笑)。

メンバー登録やってみますので、これからも宜しくお願いいたします。
m(_ _)m
【2007/09/21 00:53】
北海道。
出身タレントの、石山 愛子さんが
結婚したそうです。
力が抜けました(笑)
道産子特有の、大らかさが好きでした。
他にも片山 雅子さんも良いですね。
道産子の女性って、皆あんな感じですか?
ターボ URL 2007/09/24(Mon)01:00:41 編集
Re:北海道。
こんにちは、ターボさん。

石山愛子…さんですか。
残念ながら知りません(汗)。
ググッてみます…
【2007/09/24 14:15】
追伸。
神谷さんに、影響されて私もブログ作りました。
未だ作って一週間ですが、1000ヒット超えました。
毎日更新大変です(汗)
ターボ URL 2007/09/24(Mon)01:06:17 編集
無題
こんにちは。
へ~読書にはよい場所ですな。でも本読むとすぐに寝ちゃうんですが…。
Buhi 2007/09/25(Tue)14:26:10 編集
Re:無題
こんばんは、Buhiさん。

良い場所ではないです(汗)。
硬~い畳なんですよ。座って読めばすぐに尻が痛くなり、横になって肘をついてもすぐに痛くなります。他にやる事がないんです…。
【2007/09/26 02:08】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP