忍者ブログ
雲のように飄々と…月のように夜道を照らし…
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、ライブドア事件に絡めて証券取引を博打と表現いたしました。今回は、ついでにギャンブル・賭け事の『博打』のお話をしたいと思います。

あまりピタッと当て嵌まらないと思うのですが、私共の業界は大きく2つに分類されております。『神農』系と『博徒』系、要するにテキヤとバクチ打ちで分類されております。戦後間もない頃には、この分類で良かったのだと思うのですが、今の時代にこの分け方はとても曖昧なものとなっております。

北海道は、昭和の50年代までテキヤ王国なんて呼ばれておりました。私が子供の頃にはまだまだテキヤ系の組織が頑張っており、街を闊歩していたのを覚えております。今ではこまごまと存在していた独立組織も時代の流れで、関東・関西双方の博徒系大手全国チェーンに吸収合併されております。

博徒系の伝統ある組織には『縄張り』がしっかりと線引きされております。先日、会長が自殺された国粋会は、関東の博徒組織の連合体であります。彼らは、代々受け継がれてきた『縄張り』を非常に大切に考えております。ですから、『縄張り』を守る為ならば命をも厭いません。それが、博徒なのです。

北海道組織の大半がテキヤ系の源流を持ちながら、今現在は博徒系の代紋を掲げているという何とも曖昧な状況であります。その所為か、はっきりとした『縄張り』などは存在しておりません。私達は、ガキの頃からここで育っておりますので大した違和感を感じておりませんが、本州組織の先輩方は皆一様に「めちゃくちゃだな・・・。」と感想を漏らします(笑)。

さて、この『縄張り』、そもそもは博打の賭場(盆)を開く権利だったと言われております。全く関係の無い者がやって来てある日突然賭場を開く・・・、なんて事は昔は不可能だった訳であります。そして、賭場でのトラブルも御法度、当然その縄張りを仕切る一家が対処する事になります。私としては、これも立派な秩序だと思うのです。

博打に関しては様々な説がございます。その中で私が信じているのは、農村での生き残り対策という説です。大凶作の年、皆が食うや食わずでそのままでは村が全滅してしまいます。そこで残り少ない食べ物を持ち寄って、くじ引きで生き残る者を決めたそうです。これが、くじ引きからサイコロなどに変化し、遊興としての博打に発展していったという説であります。農耕民族の日本人らしい説ではないかと思うのです。

残念ながら日本の博打という物は、男のものとして発展してまいりました。私が子供の頃でも、競馬場やパチンコ店を女性だけで歩くなんて事は感心されるものではありませんでした。古くから博打で勝った金は、パァーっと皆に酒を振舞うか女を買うかといったところでしょう。勝ち負けを帳簿に付けたり、買った金を貯金したりなんてのは粋じゃありませんよね(笑)。

いくら博打が運分天分だからと言いましても、皆様に愛されて気軽に遊びに来てもらえる場でなくてはいけません。運営者にも配慮があり、身上(しんしょう)を潰すような遊び方はさせません。あまりにも負けがこんでる客には、小遣いを渡して帰す事もあったそうです。
「今日はツいていないようだから、もうおヤメなさい。これで家族にお土産でも買って帰りなさい。次は頑張って勝って下さいよ!」こんな感じでしょうか。

客同士の間にも粋な計らいがありました。大勝ちして帰る際には、ツキをお裾分けするという意味で、幾ばくかのお金を負けている客に渡して帰るのです。これを『目付け(めつけ)』と言います。『目付け』は今でもその風習が残っております。ただの勝ち逃げは粋じゃありませんからね。

来る客、来る客、全員から尻の毛を抜くほど巻き上げていたら、賭場なんて一瞬で誰も来なくなってしまいます。勝っても負けても、そこそこ楽しんで貰わなくてはいけません。賭場から生まれた言葉で『盆に明るい』『盆に暗い(ボンクラ)』というのがありますが、これは盆全体をコントロールしてお客様を楽しませるという意味合いの言葉です。

最近ブログを始められたCloudさんの記事にも掲載されていますので、是非そちらもお読み下さい。
Cloudのきまぐれ日記

基本的に賭場は堅気の旦那衆の遊び場なのですが、博打だけで飯を食っている者もおりました。博打を主催する者も『博徒』ですが、打つ専門の人間もまた『博徒』であります。賭場から賭場を渡り歩く、彼らもまた粋な存在として扱われていたのです。

流れ者の『博徒』にも、粋な博打の打ち方というものがございます。のらりくらりと様子を見ながら小さく張り続け、ここだという場面でドンッと大きく勝負します。一発当たれば目付けを配って退散し、負ければ潔くスッカラカンで退散します。その潔さを良しと感じた親分衆は、旅を続けられるように餞別を持たせたり、何日か客分として宿と飯の面倒をみてやったりしたそうです。

客分として扱われた者は、一宿一飯の恩義を一生忘れない・・・これが当然のルールであります。主催する側も腹が太い、遊ぶ側も潔い、博打は『粋』で打つものでございます。日本に根付いてきた博打は、本来は『粋』なものだったのです。

私共の土地では、盆が開かれるような事は殆どございません。本州では、未だにあちらこちらで定期的に開催されているそうです。丁半、カブ、手本引き、サイ本引き・・・etc、楽しそうです(笑)。以前、義理事で集まった時に関係者だけの『花盆』に参加した事がございます。なんせ全員が業界人ですから恥ずかしい博打は打てません(汗)。多少勝たせて貰ったのですが、目付けを配ってチャラでした。
楽しかったなぁ・・・(笑)。

昨今の博打はどうでしょう。
競馬、パチンコ、ポーカーゲーム機、ネットカジノ、闇カジノ・・・etc、血の気の通わない無機質な感じがいたします。そこには、華も人情も無いような・・・。大人の粋な遊びとは言えないような気がいたします。

博打で負けて文句を言うなど言語道断、その辺だけは腹を括って打たなければいけません。勝っても負けても潔く、これが大原則でございます。


しつこいようですが、博打は『粋』で打つものでございます。
これだけは、絶対にお忘れなく!


春の甲子園が始まります。
神聖な高校野球に賭けをしております・・・。
ゴメンなさい・・・(_ _,)


頑張れ帝京、頑張れ仙台育英♪(-o-)/

PR

今まで使っていた掲示板が、イマイチ使い勝手が悪かったようなのでリニューアルいたしました。前のものよりも多少は使いやすいかと思います。PC・携帯両対応で、もっと使いやすい掲示板をご存知の方がいたら、是非ご一報ください。

PC版・雲・・・月・・・【BBS】
(PCでは右のリンクからでも入れます。)

携帯版・雲・・・月・・・【BBS】

自由なコミュニケーションの場としてお使い下さい。

【追伸】
今試してみたところ、PC版にも携帯から入っていけました。
『新着をメールで受信』を使うと書き込みがあった時にメールで知らせてくれるようです。画面色が見辛かったらご連絡下さい!

ライブドア元社長の堀江氏の裁判結果をニュースで見ました。
随分と※高い量刑が出ましたね・・・。
軽く驚いてしまいました。( ̄□ ̄;)!!

※私共の業界では、量刑を高いとか安いで表現します。なんか物の値段みたいですね。

私は、彼のファンではありませんし、応援もしておりません。先ず第一に顔が気に入りません。世間では憧れの眼差しで見ていた方も多いのでしょうが、いくら銭を持っていてヒルズに住んでるからといって、あの面じゃ憧れる気がいたしません。決して、不細工を貶(けな)している訳では無いのです。たとえ不細工であっても、男の面構えには色々と生き様的なものが現れる筈なのです。

堀江氏の表情を見ていると、どうにも信念的なものが感じられないのであります。あれだけ巨額なマネーゲームの中心にいた人物だという感じが全くと言って良い程しないのです。たとえ直接会った事が無くても、人間持っている雰囲気という物が画面からでも伝わるものなのですが・・・。

『こりゃあ、生徒会だな・・・。』
今回のライブドア事件を見ての正直な感想であります。
ちょっと勉強ができる活発な子供達が、生徒会の会議中にタバコを吸ってしまい、それが後日発覚したような感じに思えるのです。頭でっかちで世間知らずの僕ちゃん達が、誰が吸おうと言い出したとか、誰が一番先に吸っただとか、タバコを買ってきたのは誰だとか、そんな言い争いの類にしか見えないのです。

事件の中心の3人、堀江氏、宮内氏、熊谷氏、その他にも元役員のなんちゃらだ、元側近のかんちゃらだ、特別美人でもないのに美人広報だのが、次から次へと訳知り顔でインタビューに答えておりました。大体の人間が先ず「友人として、こう思います・・・。」みたいな話をするのですが、絶対に友人ではないだろ・・・と思うのです。

本物の友人ならいちいちインタビューに、ああでもねーこうでもねーなんて話はいたしません。言葉少なに「私は彼の言う事を信じています・・・。」としか言わないものであります。単に表面上仲良くしていただけの、薄っぺらい上っ面の付き合いなのでしょう。あれだけ銭に潤って、その程度の人間関係しか作れなかった事をとても可哀相に思います。

パクられた本人達も醜いものであります。「最初は全部庇(かば)う気だったが、あいつに反省の色が無いから全部喋る。」・・・、最低です。最初は庇う気だった・・・とか言わなければ、まだ何ぼかはマシなんですけどねぇ・・・。どんな能書きをたれても結果として、裏切りなのですから。

こんな程度の低い言い訳をする位なら「あいつの事、嫌いなんですよ。だから全部喋りますわ。」と言った方が、最初っから反目で潔が良いってもんです。最初から反目であれば裏切るもクソもありませんからね、その方がスッキリいたします。「奴の反省を促す為に・・・」なんて能書きには反吐が出ます。

部下が部下なら上司も上司、堀江氏も格好悪い事この上無い。良くも悪くもリーダーであるならば「全部、私が指示した事です。私以外に誰にも責任はございません。」と言うのが、筋でございます。それが言えないのであれば、一切黙秘をするのが長たる者の姿勢というものであります。
まぁまぁまぁ、格好悪い・・・。(-_-メ)

やった事がどうこうよりも、ここら辺が鼻について仕方がないのであります。良い事をした時も、悪い事をした時も、同じ釜の飯を食った者同士・・・なぁんて感覚は一切無いのでしょう。双方ともに、人として如何なもんかなぁ・・・と思います。

さてさて、人間の醜い部分の話はこの辺でやめておきます。肝心の裁判の結果なのですが、これまた少し異例で周囲の予想よりも重い刑罰に感じます。この手の初犯で、いきなり執行猶予無しの実刑判決なんて久しぶりに聞いた感じがいたします。同情するつもりは一切ありませんが、執行猶予付きが妥当であると思っています。

アメリカの法律では実刑25年位の量刑らしいのですが、あくまでここは日本であります。証券取引法違反で即実刑なんて、なかなかお目にかかれるものではございません。内容的に同じような事をしでかした日興証券と比較すると、あまりにも公平さを欠いているようで思わず首を傾げてしまいます。かたや即実刑、かたやお咎めなし・・・。明確な法整備も成されていないのが現状とは言え随分と曖昧なものです。

日興証券は400億、ライブドアがごまかしたのは53億、誰の目から見てもおかしな話であります。日興証券がお咎めなしって・・・、有り得ませんよね。ちなみに西武の堤義明氏はインサイダーで、懲役2年6月、罰金500万円、執行猶予4年の判決でした。村上ファンドの村上氏は、たぶんこの辺で落ち着く事でしょう。

テレビでの露出が多かったので、裁判所も変な気合いが入ってしまったのでしょう。簡単に世間の感情に流されやがって・・・、相変わらずいまいち信用できない機関であります。

大体にしてこのライブドア事件、被害者は誰なんでしょう。評論家どもは口を揃えて『一般投資家』と言います。株式市場や一般投資家といった言葉を使えばとても聞こえは良いものですが、私に言わせれば賭博場とバクチ打ちみたいなもんであります。競馬場で馬主の「今回うちの馬は絶対に勝つよ!」なんて台詞を真に受けて、皆がその馬券に銭を突っ込んだからといって、誰がその人達を被害者だと思うでしょう。被害者どころか、ただの阿呆でございます。

株式市場と競馬場を一緒にするな、と言う方も大勢いるでしょう。何が違うか説明できるもんなら、して頂きたいもんであります。そもそも株式というものは、充分な資金を用意できない起業家のために作られた支援的な意味合いを持ったシステムであります。才能ある経営者に資金を用意し、その代わり儲かった暁には配当金を下さいね・・・ってのが株式の本来の姿なのです。

昨日買った株を今日売って、いくら儲けただの損しただのって・・・そんな話がおかしいのです。今や世界中の株式市場は、本来の姿を見失いただのマネーゲームのフィールドと化しております。儲ける奴もいりゃぁ損する奴もいる、勝つか負けるかは時の運。いっその事、ビジネスだなんて調子こいた事を言ってないで、ドカンと大金でも賭けてモノポリーでもやって銭を取り合えば良いんです。

一般投資家もパチプロも雀ゴロも所詮はバクチ打ち、似たようなものであります。パチプロや雀ゴロは、負けたからと言って損害賠償の裁判を起こそうとはしないものです。退職金を突っ込もうが、コツコツ貯めた金を突っ込もうが、知った事ではありません。自分の馬鹿さ加減を反省するべきなのです。

バクチで負けて文句を言う位なら、最初からやらなきゃ良いんです。そんな事は日本人なら江戸時代から分っている話であります。間違って儲けた奴らは、誰も文句なんて言わんでしょう。バクチの負けはバクチで返せ・・・。バクチの話をしていたら止まらなくなってきたので、もうやめておきます(汗)。

何だか脱線してよく解らなくなってしまいましたが、最近の株式絡みの事件は聞けばあまりに不細工で悲しくなってまいります。パクられた奴の言い分も情け無ければ、被害者面の人間も情け無い・・・。どちらも単純に儲けようとしてやった結果なのですから・・・。


同じ釜の飯を食った人間は大切にしましょう。


バクチは負けるが華・・・と申します。
勝っても負けてもスカッと粋に笑いましょう。


こんなところでしょうか・・・(-_ゞ

先日、記事にした福島県矢祭町の根本町長が今期限りでの引退を表明いたしました。御歳、69歳だそうです。
長い間、本当にお疲れ様でした。<m(_ _)m>


「合併しない宣言」の福島・矢祭町長、引退表明(日本経済新聞)

矢祭町(Wikipedia) 

ハゲリーマン様の記事  


私は、つい最近のワイドショーで矢祭町の特集を見るまで、この町や町長の事を全く知りませんでした。興味を持ってからは、ネットで数多くのホームページや記事を読み漁りました。根本町長のとった行動は、まさしく『偉業』だと思うのです。ただただ、感服いたします。

前回は、私の思うリーダー像について語らせて頂きました。利益と負担の分配が大切だと申し上げました。過疎に悩む赤字財政の小さな町、当然分配のメインは『負担』と言う事になります。根本町長の分配は見事としか言い様がございませんでした。

夕張市の事を以前にお話した時、一番大きな責任の所在は『市長』『議員』『木っ端役人』と掲載させて頂きました。破綻の原因が、こいつらの所為なのですから、こいつらが誰よりも負担をカブるのが当然であります。しかしながら、この当然と言うべき行動を自らとった地方自治体は、殆ど無いというのが現状でしょう。

根本町長率いる矢祭町は、赤字財政をうやむやにごまかしてしまう為の『市町村合併』を拒否いたしました。それを期に、議員の定数削減、町の3役の減給、町職員の削減を次々と実行。
「職員が減って住民へのサービスが悪くなった。」と言われない為に、年中無休、さらには窓口業務の終業時間を18時半に延長したのです。

「議員も職員も税金から給料を貰って生活している。だから誰よりも働くのは当然の事だろう。私を捨て、公の僕であるべし。」これが町長の一貫した姿勢であります。町の職員には大きな負担になった事でしょう。しかし、職員達も町長の姿勢に習い、誇りを持ってそれを貫いております。負担を負うべき者が率先して行動をした、正しい姿がそこにある気がいたします。

信念を持って懸命に行動をすれば、人間同士気持ちは必ず伝わるものであります。町長や職員達の努力が通じ、町のどの施設にもボランティアの住民達が溢れております。公の僕として身を粉にして働く職員、自分達の町の為に頑張ってくれる職員達を手助けしようとする住民達。これこそが、人間たる者の社会ではないでしょうか。

根本町長が行った政策は、他にもたくさんございます。まぁ、この場ではキリがなくなるのでこの位にしておきます(汗)。

根本町長の功績は、財政的に自立を目指す立派な町・・・それはそれで素晴らしい事ですが、そんな事を言いたい訳ではございません。

行き交う人々が皆互いに挨拶を欠かさない素敵な町・・・、それが彼の創った町の姿であります。

素晴らしいリーダーであります!


根本良一町長、長い間本当にお疲れ様でした。<m(_ _)m>

人間は、群れを作って生活をする動物であります。
山奥で独り何かを求め生活する・・・そんな選択でもしない限り、人は人と関わりあって暮らしていかなければなりません。これは、好むか好まざるかに関係無く当たり前の事であります。そして、仕方のない事なのです。

自称『人間嫌い』とか『人間が苦手』なんて無茶な事を言う方が結構おりますが、生活の場に人間が関係していない物など存在しているのでしょうか。人が生きるという事は、自動的に多くの人達と行動を共にしていかなければいけないのです。

「私、人間が嫌いになりそう・・・。」なんて馬鹿げた事を言い出す人をよく見かけますが、それが本当なら無人島にでも飛ばなきゃなりません。まぁ、彼らの言わんとする処は、全ての人間という意味ではなく『私の周りの人間』を指しているのでしょうけども・・・。

最初に言ったように、人間は群れを作って生きています。今の日本の社会では、いくつもの群れに所属し、その多数の群れを頻繁に行き来しなければなりません。家族、職場、学校、友人、恋人・・・etc。一つのグループで一生共に行動をする訳では無いので、これも仕方の無いことであります。アフリカの田舎に暮らすような、部族一単位という具合にはいきません。

人間不信になるのも、人間大好きになるのも、自分の所属する群れによるところが大きいと思うのです。群れには、必ずリーダーという者がおります。良い群れには良いリーダー、同じく悪い群れには悪いリーダーがいるものなのです。
前置きが妙に長くなってしまいましたが、今回はリーダーのお話をしたいと思います。

※『群れ』という言葉を連発していたら、どこかの宗教みたいで自分で気分が悪くなってまいりました・・・。不快に思った方がいたらゴメンなさい・・・。

リーダーには色々と必要なものが沢山ございます。知恵、力、勇気、思いやり、決断力・・・etc、リーダーと呼ばれる者であれば、ここら辺のものがある程度は備わっていると思います。ある程度と言いましても、そのある程度が怖いのですが・・・。知恵の足りないリーダーに付いていってもロクな事がありませんから・・・(汗)。どれかが欠けても、どれかが多すぎていても、あまり上手くは行かないものであります。

色々な要素が必要な中で、私がリーダーにとって一番重要と考えるものがございます。
それは、『分配する能力』。
大まかに2つ、分け前の分配、負担の分配であります。
何だよ!そんな事かよ!と思う方もいらっしゃるでしょうが、これは実に大切な事なのです。

分配の仕方一つで、不平や不満が沸き起こるものであります。物質的な面や、精神的な面、労働力や能力にも関係して分配は行われます。配当を受け取る側に、不平不満が少なければ少ないほど、より良いリーダーという事になるでしょう。世の中には各ジャンルに大小様々なリーダーが存在し、そして様々な形態で物事を分配していかなければならない訳ですが、解かり易く『会社』を例にお話させていただきます。

開発・製造・販売を全て行っている【防犯グッズ】を扱う会社があったと仮定しましょう。分配する物の代表といえば先ず『給料』だと思います。社員を一律に時給で考えると、どうなるでしょう。営業マンや開発部門の仕事を、時間で計算するのはかなりの無理があると思います。工場で製造を担当している人達の仕事量は、時間で計ることが可能かもしれません。それにしても、仕事の効率や其々の作業内容を加味しなければ公平感が損なわれる事でしょう。

それでは、能力給や成功報酬で考えてみましょう。営業マンへの分配を考えるには良い方法かもしれません。売り上げによって給料が決るので一見公平に感じますが、都会の犯罪率の高いエリアを担当している者と、田舎の犯罪とは無縁の地域を担当している者とでは、当然のように売りやすさが違います。その辺を考えると「あいつらんトコは、客が多いから楽で良いよなぁ!」なんて不満の声が聞こえてきそうです。

開発者はどうでしょう。新商品を生み出すために日夜努力をしているのでしょうが、その評価は非常に難しいものです。成功報酬で考えると、新商品を開発するまでは給料が出ない事になります。かといって、時給にすると開発意欲が無くなってしまうかも知れません。基本給+ヒット商品を開発した時の成功報酬、これが無難なところでしょう。しかし、ここでも開発に貢献した個人だけが昇給するのか、チームが昇給するのか、開発部門が総じて昇給するのか・・・、こんな感じでまた不満が生まれてしまいそうですね(汗)。

宣伝や広告によっても変わってくるかもしれません。会社が宣伝に力を入れれば、営業マンの成績が突然上がるかもしれません。営業マンは成功報酬をたくさん貰えますが、工場が忙しくなってもさほど恩恵を受ける事ができなければ当然不満が生まれます。『工場で働いている人の家に泥棒が入り、自社の製品で撃退した!』という話がニュースで取り上げられて商品がヒットした、なんて事になると何が何だか解からなくなってしまいます。

たかだか給料の分配の仕方でも、皆に不満無く分配しようと考えると、こんなに大変な事なのです。分配は、利益だけに限られた行為ではありません。負担の分配もあるのです。『向こう1ヶ月の間、工場を18時間稼動しなければ納品が間に合いません!』こんな事が起きるかもしれません。当然、工場で働く人達は膨大な残業や休日返上を余儀無くされます。残業代や休日手当てを支払えば、不満は無くなるのでしょうか。恐らくブーイングの嵐でしょう。

しかし、手の空いた営業マンや開発部門の人間も交代で工場を手伝いに行き、会社一丸となってやりとげた場合はどうでしょう。「素人が工場に手伝いに来ても邪魔なだけだ!」とかリアルな意見は無しにして考えると、前者よりも不満の声は少なくなるような気がいたします。大変な事も皆に分配し、なるべく不平不満の出ない治め方をするのが、リーダーに求められる一番大切なものだと思うのです。

いつもフラフラしている営業マンが高級マンションに住み、工場で朝から晩まで額に汗して働く人達が安アパートに住む・・・、もしそんな会社があったとしたら、そこの社長にはリーダーの資格が無いと思うのです。誰もが一律に平等に・・・、なんて頭のおかしな共産主義者のような事を言っている訳ではございません。
【働かざる者、食うべからず】働きに応じて正当に評価して分配するのがリーダーの資質であると思うのです。


会社に限った話ではございません。
家庭においても、同じであります。子供が可愛いからと言って、何でも最優先していれば当然おかしなガキに育ちます。親がボロボロの靴を履いているのに、ガキは真新しいナイキのスニカーを履いているなんざ有り得ません。たとえ数少ない家族の中にあっても、家長というものは家庭内の貢献度を判断して分配を成すべきなのです。

家の手伝いもしないクソガキが、あれも欲しいこれも欲しい・・・なんてぬかしやがったら容赦なくブン殴ってやれば良いんです。家事を頑張る奥様方にも正当な評価をするべきです。クリスマスケーキのチョコで出来たサンタは、食いたくなくても家長が食うべきなんです。その代わり、常に分配の比率は正当でなければいけません。

自分が稼いだ金だからと言って、家庭を疎かにして遊び歩いたり、自分の趣味にだけ大金を使うような者では、リーダーとして失格であります。こんなクズに付いて行っても良い事など一つもありませんので、大至急離れる事を強くおすすめいたします。まぁ、会社でも同じ事ですよね。

当ブログの読者の中には、シングルマザーの方もたくさんおられます。たとえ母一人であっても立派な家長、リーダーであります。両親が揃っている家庭の事と比較して、我が子に恥ずかしい思いをさせたくないという気持ちは良く分かります。ですが、その環境にはその環境でしか学べない事もたくさんございます。他所に引け目を感じる必要なんてございません。

人としての正しい方向性や、強い家長の姿を見せてあげて下さい。お子様がリーダーのポジションにつく時や、自分がついて行くべきリーダーを選択しなければならない時に、必ず役に立つ筈であります。その判断力こそ珠玉のものであると思っております。


政治家という者達も、各地域を代表するリーダーであります。当然、彼らには卓越した分配する能力が求められます。今の彼らに、その大切な作業ができているでしょうか。残念な事に皆無に近い状態であります・・・。一部の人間だけで利益を分配し、税金と言う名の負担だけは国民全員で分担しましょうなどと、寝ぼけた事をぬかしております。

彼らが上手に分配をしていかなければ、社会には不平不満が広がってまいります。不平不満の多い世の中なんてロクなもんじゃありません。どんどん悪くなっていく一方であります。そもそも今時の政治家連中には、分配の能力以前に『親分肌』と言われるような甲斐性が感じられません。負担を皆で分配する際には、率先して自分が一番多くカブるのがリーダーとしての『器』というものでしょう。


楽も苦労も、皆が極力納得できるように分配する。
それが、人様から必要とされるリーダーの正しい姿というものではないでしょうか。


頑張った人や、人様の為になる事をした人、それをきちんと評価し正しく分配する事、それこそが『政』であります。

一昨日テレビで面白いニュースを見ました。
札幌高等裁判所で、審理を担当する資格がない地方裁判所の裁判官に21件の裁判を担当させていたそうです。6件の裁判をやり直し、12件を再審理、判決を言い渡した3件の裁判に対しては関係者に平謝りで上告の手続きをとって欲しいとお願い中だそうです。
なんじゃ、そりゃ・・・(爆)。

直接関わった人にとっては笑い事では済みませんが、事務所でニュースを見ながら爆笑してしまいました。もともと裁判所の連中は『テスト勉強の才能がある馬鹿の集まり』程度に思っていましたが、ここまでの大馬鹿だとは思っておりませんでした(笑)。裁判所という所は、手続き大好きの閉塞された役場であります。大好きな筈の手続き中には全く気付かず、散々ぱら裁判をやった後に最高裁からの指摘で気付いた模様です。

バス会社が、普通免許しか持たぬ社員に、ある日突然『大型バスの運転手』を命じるのと同じであります。普通であれば命じられた社員の方も「大型の資格を持っていません!」と断って終りの話です。ところが今回は「えっ、それって出世ですよね。やらせて頂きます!」と言って受けてしまったのです。自分の持っている免許の種類ぐらい普通はわかりますよね(笑)。命じる方も馬鹿なら、受ける方もトンチンカンであります。

私共の業界は、司法と争う場面が多くあり、ある意味で敵対視した部分がございます。しかしながら、一般の皆様においては『法の番人』秩序を守る最後の砦であります。司法に携わる者は『正しい人』である事を常に求められ、それに応えて常に『正しい判断を下す者』であらねばなりません。
それなのに、このザマであります・・・。

今に始まった事では無いのですが、最近は司法の世界も少しイカれた部分が目立ってまいりました。大阪で起きた殺人事件ではとんでもない判決が出されております。ハゲリーマンさんが詳しく書いておられますので、是非お読み下さい。
3月1日の記事で『司法は誰のものか?』

弁護士もおかしくなっております。
オームの麻原の主任弁護士だった安田好弘、こいつは光市の母子殺害事件の最高裁法廷を遅延目的でドタキャンしたクズであります。塾講師小6女児殺害事件を起こした萩野裕、その弁護士の中田政義も似た様なものです。精神異常だろうがアスペルガー症候群だろうが、人殺しは人殺しなのです。100人が見て100人が悪いと言う者を、なりふり構わず汚い手を使ってまで刑を安くしようとする。
そして、自分の手腕だと勝ち誇る・・・。
この手の弁護士が最近はたくさんいるのです。

間抜けな裁判官、面子の為にでっち上げの事件を強引に進める検事、正義など忘れ売名と銭儲けに夢中な弁護士・・・。テスト勉強が得意で、司法試験をクリアーしたからという理由でこんな奴らに職権を与えて良いものなのでしょうか。もちろん立派な人達もいるのでしょうが、多くの馬鹿が足を引っ張りすぎております。

彼らの職業には、試験で得られる資格よりも『良心』というものが最も重要なものではないのでしょうか。六法全書を暗記する力も大切ですが、もっともっと人として大切なものが在ると思うのです。司法に絡む者達に本当に必要なものは、『心の質』であるという気がしてなりません。

『法』は、決して完璧なものではありません。
人類史上、誰もが納得する完璧な法律など作られた事はただの一度もございません。だからこそ、時には枠をはみ出して、心で量った『大岡裁き』なんてものが語り継がれるのだと思うのです。今の時代においても皆、それを期待して止まないのであります。


『良いもんは良い、悪いもんは悪い!』そこが一本通っていなければ、まともな世の中なんざ夢のまた夢であります。


こんな話をしていると、生前の祖父と一緒に観ていた【ザ・ハングマン】というテレビドラマを思い出してしまいます・・・。

気がつけばもう3月、随分と更新をサボッっております。
テレビでも盛んに言われておりますが、今年は『暖冬』の様であります。まぁ、人様に言われるまでも無く、充分に体感している訳なのですが・・・。

私共の土地では、2月中大半の日が最高気温もマイナスであります。気温が0度を越えツララから雫が垂れると「おっ、今日は暖かいなぁ・・・」なんて感じてしまうのです。ところが、今年に限っては、2月の殆どが日中プラスの気温だったのであります。さすがに夜は確実にマイナスの気温になるんですけどね(苦笑)。

道路も、大きな通りの殆どがアスファルト剥き出しの状態です。小さな中小路ではまだまだ雪が積って凍り付いておりますが、こんな年は初めてであります。例年よりも渋滞が少なく、皆喜んでおります。遠く離れた東京でも雪が一度も降らず、観測史上初めての事だそうです。

私共としては非常に嬉しいこの『暖冬』、しかしどうも笑い事では無さそうであります。どうやらこれは、地球の『温暖化』とかいうものの所為らしいのです。ここまで大きな問題になると、私共不良が口を挟む余地など一分の隙もございません。なんせ地球規模の話ですから・・・。とは言いましてもこの性分、一言二言は物申したくなるものです。

『地球温暖化』・・・、いろんな原因が重なり合って招いたもののようです。工業による二酸化炭素の大量排出、都市生活による二酸化炭素の大量排出、二酸化炭素を酸素に変える森林の伐採・・・etc。私は、科学者でも専門家でもありませんのでその程度の事しか存じ上げません。そこら辺の知識は持ち合わせておりませんが、最近の論争にはおかしなものを感じております。

米国の大統領選でブッシュに負けたゴアとかいう人が、世界中を周って温暖化を食い止める運動を行っております。まぁ、立派な行動であるし批判をするのは少しばかり気が引けますが、先ずは自国の中でアピールしたらどうなの?と思ってしまいます。二酸化炭素の排出量はアメリカがトップでございます。

自分の国も説得できない男が、他国を周っても正直なところどうなんでしょう。まぁ、立派な事なんですけど・・・。そして、偉そうに『京都議定書』なんてものを掲げた日本、国を挙げての努力などしているんでしょうか。日本人の一員である私は、温暖化対策としての努力などした記憶がございません。

報道する側はいつも「政府として対策が必要ですね。」だの「個々が意識を持つ事が大切ですね。」などと、シレ~ッとした顔で言っております。テレビ局のビルは、一体どれだけの電力を使うのでしょう。彼らは、エネルギーを節約しようという考えを持っているのでしょうか。もちろん、持っている訳がございません。

自分達ができていない事を、人様にやれと言うのが大きな間違いであります。国対国でも同じ事です。発展途上国に向かって森林を伐採するなとか、大規模な工業化をするなとか、大きなお世話というものです。先進国は皆、電気も水道も確保し、一人に一台の車を持って快適な暮らしをしております。途上国には「地球環境に悪いから、文明生活をするな!」、これじゃあ話の筋が通りません。

他人事としてテレビを観ている私でもそう思うのですから、直接言われた国の方は相当頭に来ている事でしょう。役人共に「無駄遣いはヤメましょう!」とか言われるのと同じです。「お前らにだけは言われたくない!」そんな風に思っている筈であります。

サクッとバッファローを全滅させて狂ったように牛を食う人種に、クジラのような知能の高い動物を食べるのは間違っている・・・と禁止される。核兵器を大量に配備した国々に「核は持つな!」と上から言われる。共産主義の自由すら無い国に、自国の教科書を否定される。使えない上司に仕事の仕方をうるさく指図される。
どれも似たような不快感を覚えます(怒)。

今の暮らしは、20~30年前と比較しても格段に快適であります。今更、昔ながらの生活に戻れるでしょうか。恐らく無理な事だと思うのです。どの世界であっても楽を覚えれば、それを求めるのが当たり前であります。だからこそ今の文明が存在するのです。

人は、色々な局面で物事を選択をし前に進んで行きます。今の快適な暮らしが『温暖化』を進めて来たのであれば、それは人類が好んで選択した道だという事になります。選択した道の先は『破滅』かもしれないし、『発展』かもしれません。それは人の人生と同じ事であります。
大きな一つの流れ、その先に何があろうと已む無し・・・と思うのです。


私共、北の人間にはちょっと嬉しい『温暖化』。
しかし、それによって沈んでしまう島国やそこに暮らす人々がいると聞くと、なんとも複雑な気分であります。


どこかの科学者が、一発で温暖化を解決するような機械でも開発してくれると良いなぁ・・・、なんて思っております。

『ゆうばり応援映画祭』とかいうものが開催されております。
私も同じ北の地に住む者の一人として、本州の方々の善意に心温まる思いであります。しかしながら、大きな矛盾と不安も感じているのです。
はたして夕張は本当に『悲劇の地』なのでしょうか・・・。

夕張市の財政が破綻し少なからずの負担が住民にのしかかっている事は、報道を通じて全国の皆様もご存知の事でしょう。しかし、こんな状況に陥ったのにも必ず理由がある筈であります。そして、『犯人』もいる筈なのです。歴代の市長、議員、木っ端役人・・・、まぁこいつらは当然なのですが、住民達にもそれなりの責任があると思うのです。

夕張市は、1960年代には約12万人を要する立派な都市だったのであります。炭鉱はもちろんの事、産業機械工業や化成品製造などの大会社が軒を連ねておりました。市の税収も道内ではトップクラス、優秀な都市だったのです。石炭は『黒いダイヤ』と呼ばれ、夕張を中心に人々が集中し『ゴールドラッシュ』とも評されていたそうです。炭鉱に携わる人達の給料も高く、繁華街も栄え街全体が潤っていたようです。

私の祖父の弟、私は『叔父さん』と呼んでおりますが、この人は北炭夕張の労働組合から出馬し2期ほど市議を務めた人間なのです。この叔父さんの思い出話を聞いても、それはもう豪勢なものであります。未だにその思い出が忘れられないらしく、札幌で暮らす現在も壁には夕張市を一望した写真を飾っているのです。昔の役場ですから当然チェックも甘く、税金をジャブジャブ使い放題で楽しかったんでしょうね(怒)。

70年代後半からボチボチと閉山が相次ぎ、1990年に最後の炭鉱が閉山します。今に至ってその人口は、たったの1万2千人・・・。10分の1ですから、10人の内に一人しか残っていない計算になります。産業が無くなるという事は悲惨なものであります。

実際のところ夕張経済に陰りが見え始めたのは70年代後半・・・、今からもう40年も前の事なのです。欲にまみれた議員連中や木っ端役人どもは、一度覚えた贅沢をやめる気なんざ毛の先ほどもございません。産業が無くなろうが、税収が減ろうが、ジャブジャブと金をばら撒き続けたのです。挙句の果てに足りないと言って借金まで作ってしまったのであります。 その結果、400億の赤字を抱えた財政破綻でございます・・・。

これまでの話であれば『犯人』は『市の運営に携わった者』で、『市民』はただの被害者となった気がいたします。でも、本当にそれだけなのでしょうか。数々の箱物行政、客の来ないテーマパーク、それに絡む建築、そして従業員や職員の大量雇用・・・etc、少し考えただけでもキリがありません。

夕張には、私の母方の親戚が1組おります。そこの親父はもう定年しているのですが、2人の息子は地元のコネでスキー場と石炭の歴史村に就職しておりました。ともに夕張市の第3セクターが運営しております。スキー場も歴史村も一年を通して特別忙しい時期も無く、それなのに給料は一丁前に都会の同世代の者よりも貰っていたようです。大体にしてスキー場で夏は何の仕事をしろと言うのでしょう(怒)。

同様の話は、とにかく山ほどあるのです。地元に残った若い者の大勢はコネで市に絡んだ職に就き、とうの昔に赤字の市から立派な給料を貰っていたのです。要するに、市に加担して恩恵を受けていた人間も非常に多いのであります。市の財政が大赤字、大金を突っ込んだ事業も全て大赤字、彼らがそんな事を知らない訳が無いのです。
つまりは『共犯』であります。

純粋な被害者は自営業を営む方や、農家の方々、市に全く関係の無い民間企業の方々だけという事になります。そして、その数は驚くほど少ない筈なのです・・・。 こんな事実を知っても『夕張市』を心配し、尚且つ応援する事ができるでしょうか。正直なところ、私にはできません・・・。キッチリと誰の所為かを検証し責任の所在を明らかにしてから、再建策なり援助の方針を決めるのが筋だと思っております。まぁ、木っ端役人共がそんな立派な行動をするとは思えませんけどね・・・(怒)。

ここまでが、冒頭で触れた大きな矛盾であります。
次は、不安でございます・・・(汗)。

たまたま全国で夕張市が口火を切ったものの、破綻寸前の市町村は一体どのくらい存在するのでしょう。今回の夕張でも問題になりましたが『ヤミ起債』という手法があるのです。現実に、夕張市近隣の5市町でも限度額いっぱいの起債をして既に破綻寸前であります。
近い将来、日本中で同様の問題が浮上してくると思います。

その時になって彼方此方(あちこち)で破綻した町を『悲劇の地』として同情する事はできるでしょうか。成人式の予算が無いといえば募金をして、住民を励ます為にと映画祭を敢行できるでしょうか。
もはや遠くの他人事とは思えないのであります・・・。


今回の『ゆうばり応援映画祭』では、【ロッキー・ザ・ファイナル】が上映されます。あのロッキーのシリーズ完結編であります。実はネットでインチキをしてもう観てしまったのですが・・・(汗)。私はロッキーが大好きで今までの作品全てをビデオテープが擦り切れるまで観ております。大根役者と言われようが、ワンパターンと言われようが、何度倒されても最後には勝つあのスタイルが大好きなのです。

不純な行動で己までもを食い尽くし、尚且つまだ周りに迷惑をかけ続ける『夕張市』。

何度でも己の力で立ち上がる【不屈の男・ロッキー】・・・、がそんな街で上映される。


なんとも不釣り合いで皮肉なものを感じてしまいます。

最近やけにバタバタとした日々を過ごしておりましたが、本日は珍しく午後のワイドショーなんかを観る暇がございました。偽乳成金馬鹿姉妹のニュースが終わった後に、非常に興味深い特集をやっておりました。福島県は矢祭町(やまつり)という小さな町の名物町長と行政の取り組みについての特集であります。
昨日に続き爺さんネタであります(笑)。

福島県矢祭町といえば数年前に『市町村合併をしない!』宣言で有名になった町であります。ここの町長さん、根本良一さんという方ですが、最初にやった仕事は自分の給与の大幅カットでございます。本人曰く「こんな田舎で毎月70万も80万も貰っても使い道がないでしょう。そんなにいらんよ(笑)。」・・・素晴らしいですね。

一時期、この町長さんが体調を崩し任期半ばにして辞意を表明した事があったそうです。その際、役場に町民がドッと押し寄せ「頼むから、辞めないで欲しい!」と一騒動あったのだそうな。役場の外にまで人が溢れ大騒ぎだったそうであります。直後の記者会見で涙につまりながら「それでは行けるところまで行かせていただきます・・・。」、勿論駆けつけた町民は拍手喝采であります。

この矢祭町、町長の頑張りもあって財政破綻の危機に喘ぐ地方自治体の中では、唯一と言っても良いほどに借金を毎年減らしているそうであります。町の職員の数もグッと減らしたのにも関わらず、町民へのサービスは格段に上がっているのです。町役場は年中無休、しかも体の不自由な人達のために役場の方から出張サービスまであるそうです。しつこくなりますが、人数を減らしたのにです。

当然、役場の職員にしてみれば単純に労働が増える訳ですから堪ったもんじゃありません。しかし、インタビューに答える職員の顔にはそんな感はございませんでした。むしろ仕事に対する充実感や誇りを感じました。『私を捨て民のための僕(しもべ)、本来の公僕であるべし』という町長の理念が彼らにも浸透しているようであります。

今年の1月14日には町の図書館がオープンいたしました。通常図書館の設立には約10億円かかるところを、インターネットで書籍の寄付を募り約1億5千万で開館したそうです。今でも毎日本が山のように届いているらしいです。そして、寄付された本を開梱したり分類したりするのは全て町民のボランティアで行われております。

「我々が本気で町を何とかしたいという気持ちが伝わって、じゃあ俺も付き合うかという人が出てきたんじゃないかねぇ。税金で暮らしている俺達が一生懸命やらないで、町民の皆さん手伝って下さい・・・じゃあ話にならんもんねぇ。」なんて町長は笑顔で話しておりました。

その他にも町独自のクーポン券納税のシステム、企業の誘致、少子化対策、とにかくアイディアと行動力のある爺様であります。町長の権限で、ここまでの事ができるとは思っておりませんでした。
驚きであります。


この特集が偽乳おげれつ姉妹の後じゃなければ、もっと素晴らしかったんですけどねぇ・・・。本当はゴールデンタイムに時間をかけて放送するべき内容だと思います。まぁ、使えないメディアの連中がこの特集を放送したというだけでも上出来とするべきでしょう。


こんな町長が世の中に何人もいるとは思いませんが、まだまだ日本も捨てたもんではないなという気がいたします。


最後に・・・、この町長いつも『町長たる証』のバッヂをしていません。「何でバッヂをしないんですか?」と言う問いに「そんなもん必要ねえべ!(爆)」と答えたそうです。


根本良一さん、あの爺様は最高の男であります!

私が育った地元は、市の中心部から約4キロ離れた住宅地であります。今でこそ隙間無く住宅やマンションが建っておりますが、私が子供の頃はまだ空き地や畑がとても多かったと記憶しています。今になり考えると25~30年前、ちょうど良い具合に田舎と都会が入り混じり、子供達にとってはパラダイスだったような気がいたします。

私が子供の頃は、まだテレビゲームが一般家庭には普及しておりませんでした。任天堂のゲームウォッチが発売されたのが小学6年生だったと思います。子供達の遊びの大部分が『外』であります。人生ゲームや野球盤も有るには有ったのですが、可能な限り屋外で遊んでおりました。

いろんな遊びが有りました。各種鬼ごっこ、ハンドベース、めんこ、仇(かたき・・・ドッヂボールの個人戦みたいなもの)、陣取り・・・etc、女の子たちはゴム飛びなんかをよくやっておりました。野球やサッカーは大人数が必要になるので、あまりやらなかったと思います。私は虫取りが特に好きで、毎年キリギリスを鬼のように捕って飼育していました。

男子たる者、当然のようにヤンチャな遊びも一通りこなしておりました。爆竹や癇癪玉のような火薬系、パチンコ等の狙撃系、庭や畑に生っている果物等を盗むルパン系、秘密基地の建設を主とするサティアン系・・・etc、大体は褒められたもんじゃありません(笑)。

今よりも車通りが圧倒的に少なく、道路で遊ぶ事も普通でした。学校からチョークを盗んできては道路に落書きをしておりました。私達が遊ぶ道路は、至る所にバドミントンやドッヂボールのラインが書いてあったり、様々な遊び目的の線が引いてあったものです。
今は殆ど見かけませんね。

公園、道路、空き地が主な戦場なのですが、どこで遊んでいても必ず大人の目が光っておりました。人様の迷惑になるような遊びをしていると、必ずどこかの爺さんが大至急飛んできたものであります。
遠くの方から「コラぁぁぁ~っ!」と叫びながら・・・(笑)。
今と比べれば人口もかなり少ない筈なのに、悪い事をしていると必ず見つかって追いかけられていた気がします(汗)。

畑の農作物には全く興味が無いのですが、人様の庭に有る木の実系のものには随分と興味をそそられました。くるみ、栗、柿、梨、緑のプラムみたいな奴、桑の実・・・etc。私共の地元の柿や梨は、食べられるような物は育ちません。柿なんて食ったら大変な事になります。何も知らない私達は、盗んだ柿を口にして1週間位味が分らなくなった事がございます・・・(汗)。食えない事が判っても盗み続けるのが子供というものであります(笑)。


小学校の近所で、庭に大きな栗の木を持つ家がありました。夏休み中の或る暑い日に、悪ガキ3人でその栗を盗みに行ったのです。長い木の棒を持って行き、先ずはイガ栗を落とす訳ですが、ほんの数個を落とした時点でその家の爺さんに見つかってしまいました。
「コラぁぁぁ~!」\(`o'")
(゜ロ゜)ゲッ!

大至急逃げました。しかし、必ずドジな奴がいて一人位は捕まってしまうものです。一度は逃げ切った私ともう一人は、仕方なく渋々と爺さんの元に自首いたしました。戻ると最初に捕まった阿呆は、既に一発ゲンコツを頂いておりました。私達も同様に一発ずつ貰い、その後お決まりのありがたい説教を聞かされました。

ゲンコツをくらった後に「ここでちょっと待ってろ!」と爺さんは家の中に入りました。
戻ってきた爺さんの手には小さなナイフが・・・(汗)。
\(-_☆)キラーン
(--;)ォィォィ・・・

「お前らは馬鹿か!こんな青いイガ栗を盗んでどうするつもりだ?いいか、ちょっと見てろ!」と言って、持っていた小さなナイフでイガ栗を器用に割って見せました。中の栗は、まだ白っぽくてペラペラな感じで全くもって未成熟でした。
「いいか!イガが茶色くなって勝手に落ちてきたら、食べられる栗が入ってるんだぞ!あと1ヶ月も先だ、馬鹿者が。そうなったら家のピンポン押して、堂々と拾いに来い。わかったか!」
「ハイっ!」
それ以来、私達はその爺さんに会うと必ず挨拶をするようになりました。

そして、約束どおり1ヵ月後・・・。
私達がピンポンを押すと笑顔で庭に迎え入れてくれ、皆で拾った栗を剥いてすぐに茹でてくれました。北海道の栗は、小さくて食べるところも少なく正直美味いものではありません。
その爺さんも初めて食べたと笑っておりました・・・(汗)。
しかしその栗・・・、味はイマイチでしたが実に美味く感じました。
本当に美味かった・・・。

家でも学校でも感動を伝えるべく、その話をしきりにしておりました。堪(たま)りかねた同級生達が、何組かその家を訪ねる事になりました。爺さんは、その都度ガキ共を温かく迎え入れ栗を振舞ってくれたそうです。実は子供好きの優しい爺さんだったのです。

今は爺さんの家も無くなり、そこには大きなマンションが建っております。


昔は良かった・・・。
誰でも年を重ねると、そんな懐古の念が沸いてくるのかもしれません。今の子供達も大人になって、きっと私と同じ台詞を吐く事でしょう(笑)。しかし、私が子供の頃にはこんな爺さんがまだ彼方此方(あちこち)にいらっしゃったのであります。子供達に愛情があるからこそ、叱ったり怒鳴ったりしながら躾(しつけ)をしてくれたのだと思うのです。

今は、どうなのでしょう。
他人の子だから・・・、と無関心な世の中になってしまった気がいたします。頑固親父が近所にたくさん居て、子供達の行動に目を光らせていたからこそ変質者だのイジメだのという問題が起こりづらかったのではないでしょうか。それが全てでは無いと思いますが、要因の一つではあると思うのです。

他人の子であっても『悪いものは悪い!』ゲンコツの一つもくれてやりましょう!それがガキ共のためにもなる訳であります。
そして、自分のためにもなる筈であります。


頑固親父・・・、すっかり見なくなってしまいました。


ギリギリ良い時代を過ごせた事に感謝しております。(^^ゞ

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
(05/07)
(03/22)
(08/02)
(07/21)
(07/13)
プロフィール
HN:
神谷 仁
性別:
男性
自己紹介:
生息地:北国の繁華街
趣 味:釣り・料理
好 物:寿司・そば
口 癖:生き様が悪りぃ
 敵 :嘘つき・警察
最新コメント
[05/11 二代目弥右衛門]
[05/08 とっつぁんボーヤ]
[04/29 まろん]
[03/26 二代目弥右衛門]
[03/22 とら]
ブログ内検索
最古記事
(09/15)
(09/15)
(09/15)
(09/16)
(09/18)
最新トラックバック
バーコード
忍者ブログ [PR]
○photo by hanamaru.○
Powered by SHINOBI.JP